2018/04/20(金)
『歯に激痛が走る』
先週末、固い物を右の奥歯で噛んでいたら…
激痛が走った。


暫くすれば治るかな?と思ったが
逆に痛みが増してきて2時間。

その日、かすかに頭痛もしてきたので
痛み止めの薬を飲んで寝ることに。

起きたら薬が効いたらしく??どちらの痛みも和らいだ。


問題は、その後である。
冷たい物、熱い物、固い物、小さい物(ゴマ)が
怖くて食べられない。

今後の事も考えて、一大決心して
歯医者の予約を入れた。
しばらくは左の歯だけで食事をしよう!
虫歯が大人しくしていてくれればよいけど・・・
スポンサーサイト
2018/04/19(木)
『カベドン』
朝の満員電車で、私は入口付近のポールを掴んで立っていた。


私の斜め前には、本とペンを持って勉強??をしてる男の子がいて
とても集中しているように見えた。

そして電車が大きく揺れた時、
男の子は荷台のポールを掴もうとして失敗。
手が空中を舞った。


前に倒れるのか????と思った時
男性はペンを持っていた手を壁について
ギリギリ・・・姿勢を保つことができた。


一通りを見ていた私は
声を出しそうになったが…
座っていた女性にギリギリのところで触れずに済んだ男性に
怖い顔で”カベドン”かよ!と突っ込みを入れたくなった。
2018/04/18(水)
『皮膚科の先生』
1年以上も悩まされ続けている湿しんが大分治ってきた。
全快ではなく、塗り薬が無くなってきたので皮膚科に行ってきた。


6か月振りに行った皮膚科は、空いていて待ち人0人。
直ぐに呼ばれて中に入る。


また(湿しんが)でちゃいましたか?
はい
背中と首に少し…(と言って、背中を見せる)
では、薬を出しておきますね。


診察終了!であった。


先生は、チラッと背中をみただけだった。
何となく残念な方に先生が変わってしまったような気がする。

初診の時は、原因を突き止める為に
皮膚を削って顕微鏡で知れべてくれたり
問診にも時間をかけてくれていた。

目を合わせて話を聞いてくれていたのに
現在は直ぐにそらす。

体型もふくよかになり
見た目も変わってしまった。


先生にも先生が必要な気がする。
2018/04/17(火)
『国民服』
誰かがユニクロの服の事を
日本の国民服と言っていた。

日本人なら1つくらいはユニクロの服を持っているだろう


で、
今読んでいる本の舞台は中国で、
主人公が
中国人風 →国民服
日本風 →ユニクロ

と使い分けていて思わず笑ってしまった。


日本に来た外国人は、
皆同じような国民服を着ていて
メガネをかけて、
眉間にしわを寄せて
もくもくと歩く我々を見て
違いが判らないのではないか?と思った。
2018/04/16(月)
『プラス20分後の疲労』
通勤時の読書で、話しの先が知りたい時
ようは、時間が足りない時は、各駅停車を利用している。

時間はプラス20分。
その間、すーっと立ちっぱなしである。

足が疲れた時はストレッチでもしたいところだけど
満員電車なので、その場でこっそりと足踏みをしてみたりするが
そんな事しても、特に変わらない。


話しの先を知るためには、体力勝負になるが、
結果、よからぬ方向に話が進んだ場合の疲労感は半端ない。
2018/04/13(金)
『冷えた空気 その後』
女子更衣室で、前日にあった冷え冷えした「そだね~」の話をしようと思って
同じ島に席がある女性に

「昨日、◎○さんが”だよね~”って言ったあと、誰もフォローを入れなかったね」
「私、思わず笑っちゃった」と言ったところ

すぐさま”そだね~”ですよね!って言われてしまった。

本来は笑える話のはずだったのに
私がしくじってしまったので
ソコソコの盛り上がりで終わってしまった。


第一のしくじりは例の男性ではあるが
第二のしくじりは私であった。
2018/04/12(木)
『冷えた空気』
職場にいる男性が、独り言の中で
”そうだね”と言うワードをつぶやいた。

その言葉が、カーリング娘達が流行らせたものであることに本人が気付いたのだろう
いつもの音量×3倍くらいの声で
「そだね~」と、背筋をのばし自慢げにリピートした。


その男性の計画は、周囲の人達等から
笑いがとれるはずだったのだろう。

が、予想を反して空気は冷え切っていた。
シーーーーン
無反応。
周囲の人達は、顔をあない。
絶対に目を合わせるものか!という意気込みすら感じた。


私はその空気を感じて、吹き出しそうになったが
ここで笑ってしまったら勘違いされると思って堪えていた。


その日の気温は夏日直前の24.3度。
空気の入れ替えをしていない室内は暑かったが
その男性がしらけさせた空気では、暑さの解消にはならなかった。
2018/04/11(水)
『日本人のマスク』
外国人が日本の印象について
大勢の人がマスクをしている事が異常だと語っていた。

花粉が飛ばない国の人なのだろう。

目の痒さ、
くしゃみが連発する苦しさ
それらを知らない人に

”異常”だと言われたくないと思った。
2018/04/10(火)
『ダブルブッキング??』
先日図書館で、予約していた本の順番が回ってきたので受け取りに行ってきた。

読んでいくうちに、
何だか覚えのあるような気がしてきた。

そこから10ヘ゜ーシ゛も進むと
確実に読んだことがある本である事が判明
何となく興味が薄れてしまった。


なので、同時に借りてきた別の本を読む事にした。

読み進むうちに
またもや覚えのあるセリフが・・・。
今回は、先の方をチラッと見ただけで
読んだことがあると判明。

2回も続けて…


それにしても、図書館で予約した時に気が付けよ!って感じ。

同じ本を2度借りてしまう事は過去にもあったが
大して面白くなかった本で、記憶に残らないもの。

ただ、タイトルが興味をそそるものなので
つい予約をしてしまうらしい。

現在予約中の本達を、もう一度確認した方が良いかもしれない??
2018/04/09(月)
『他人事ではなかった』
ダウンコートをクリーニング屋に持って行った時
前にいたお客さんと、店員さんが話が止まらず
待たされていた。

近所の話、
病気の話
前回出した洋服の話
自分の近況

待っている私に「すみませんね~」何て
声をかけながらも続く会話。

知り合いだったら私も話しに加わる事ができるけど
全く知らない人だし・・・


で、やっと私の番が回ってきて
支払いをする段階になってカードで支払おうを思ったのだけど・・・
そのカードが見つからない。

思い当たる場所を探してみてもない。
カードのポイントを貯めているので
出来る限りカード払いをしたいのに・・・

さっきのおばさんのおしゃべりぐらいの時間がかかってしまい
私の後に並んでいる人達は
私と同じような気持ちでいるだろうな~と思うと情けなかった。