2016/12/02(金)
『コンサートの初めから終わりまで』
イベント会場のある駅で、知り合いとお茶を飲むことになった。

当日、誰かのコンサートがあるらしく会場に向かう人の波にさらわれそうになりながら歩いていた。


喫茶店はどこも人であふれている。
ならば!と思ってファミレスに行ったがそこも7組の人が待っていた。

とりあえず、番号札をとって待ち合わせの場所へ行き
知り合いと合流して、またファミレスに戻る。


やっと席に案内され
久々の会話を楽しんで2時間位すると
お店の人から混んでいるのでそろそろ席を譲ってくださいみたいな事を言われ
席を立つことに。

外をみるとコンサートが終わったらしく、
またまた・・・人の波。

えーーーこの中でていくという事は、
改札も、電車も…超込み合っているという事??

私たちは、コンサートのお客さん同じ頃来て
コンサートの間中おしゃべりをし、
コンサートのお客さんと一緒に帰ることとなった。

ホームは楽しい時間を過ごした人で一杯。
2016/12/01(木)
『時計がほしいけど・・・』
時計を購入しようか?と思って量販店に行ってきた。

予算は5万円未満(大盤振る舞い)
ソ-ラー電波で
文字盤の12と6は算用数字が良い。
シンプルなもの

ネットでいくつか探してみたものの
実際の商品を腕に当ててみると全く違う。

今使っている物より軽いので、おもちゃ感がするが
雰囲気がよいな~と思ったものは¥58,100もする。

色々試してあーでもないこーでもない…と言っていたら
40分経過していた。

店員さんに申し訳ない気分になってきて
買ってしまった方が楽になるかも?という思いがチラチラ。
イヤイヤ・・・それは違う
今、判断力がなくなっているだけ。
しっかりしろ!!私!!


グレイな空気が漂う中、
海外での時刻の合わせ方を聞いて
爪楊枝のような細い棒が必要であることが判明し
そんな面倒な事をするのに大金は払えないと思い
「ごめんなさい」と言ってその場を離れた。

背中とお腹が汗だく。
外に出て、ひんやりとした空気がほほに気持ちがよかった。
2016/11/30(水)
『サラウンドスピーカー』
私の周りには独り言をいう人がいる。

その音(声)に反応してみたが実は独り言であって
私に話しかけていたのではないため
その言葉に反応した私が独り言のようになってしまった事が度々あった。

なので、以後、明らかに私に話しかけかけているとわかるもの以外は無反応にしている。


暫くして、また独り言をいう人が近くに来た。


その話を別の人にしたら、
Aさんの”独り言”とBさんの”独り言”がぶつかりあって
無音になっている場所があるんじゃない??とのこと。
・・・・思わず笑ってしまった。


が・・・実際はサラウンドスピーカーのような世界。

誰かに助けてほしい!と思っていたが
ここ最近鼻歌が追加されて、なんともま~の世界になっている。
2016/11/29(火)
『ガハハハ笑っているけれど・・・』
少し急げば電車に乗れるというくらいの状態なのに、
スーツケースをガラガラ引いていた人たちの塊がいくつかあって
中々前に先に進めなかった。

次のホームまで、その人達と進む方向が同じだったため
結局、電車には乗れなかった。

せめて、横並びではなく縦に並んで進んでくれていればと思うのだが…

こういうことをするのはおばさんが多い。
ピーチクパーチクガハハハ・・・と笑っていないで
渋滞の原因になっている事を知ってほしい。

私の10分を返して!!
2016/11/28(月)
『雪の日に・・・新人は??』
雪の日の朝、テレビでは生中継で各地の状況を知らせていた。

こういう時、新人の頼りなさが表にでる。

ベテランは問題ないが、
新人の方はやたらと大げさで、同じ言葉を繰り返すだけ。

まだ雪ではなく、みぞれなのに
電燈の方を指さして
「あれを見てください。雪がドンドン降ってきています」と言っている
どうみてもみぞれだろうと突っ込みをいれずにはいられない。

これから通勤で都心に向かう者を脅かして、
雪の危機をあおるのはやめてほしい。


その日のダイヤの乱れは少なく、いつも通りに職場に到着。
問題は”寒さ”だけだった。

あの新人アナウンサーの教育をきっちりやってほしいと
テレビ局にお願いしたい。
2016/11/25(金)
『アイムソリー』
都心の朝ラッシュの中で立ち往生していた外国人男性。
背が高くて頭が一つ飛び出ていたので
そのおびえた表情が遠くからよく見えていた。

どちらに行けば良いのかも分からないのだろう。
助けてあげたいけど…
英語話せないし、路線案内もできないし
おもてなしもできずにただ通り過ぎる。

大きい図体の外国人男性のHelp me!
至る所でアイムソリーが聞こえてきそう。
2016/11/24(木)
『朝焼け』
雲を見ることが好きである。
それも夕焼け。

自分の部屋からは夕焼けを見ることができないが
朝焼けは見ることができる。

この時期、
天気によっては、真っ赤な朝焼けを見ることができる。

きれいな朝焼けをみると、心が飛行機に乗って
かなた遠くに行ってしまい戻ってこない。
----妄想中----


用事がなければ10分くらい眺めていたいところではあるが・・・・
いけない!いけない!
現実に戻って朝の準備

早くお化粧をして、
これから仕事です。
2016/11/22(火)
『指を突っ込む事』
NHKの朝ドラで、ストーリーとは関係なく笑ってしまうシーンがある。

モモイロクローバーの赤の子が子供を負ぶっていると
後ろにいる子供がモモクロ赤の子の耳の中に指を突っ込む事。

真面目な会話をしている最中でもおかまいなし。
赤の子も普通うにしている。

彼女は気が気ではないだろう
笑いたいだろうし、相手の声が聞こえずらいだろうし…
子供のする事なので、誰も何も言えないが
観ている方としては笑って話がはいってこなくなる。


それにしても
穴があったら指を突っ込むというのは
人間の本能なのかもしれないと思わずにはいられない。
2016/11/21(月)
『猫にお願いしたい事』
我が家の猫は、椅子式マッサージ器を寝床の一つにしている。
よって、本来の目的であるマッサージをしたい人間たちは
猫が動くのを待つことになる。

老猫なので、極力睡眠の邪魔はしたくないという思いが強いのはわかるが・・・


人間達は
腰が痛い…
肩が痛い…
膝か痛い…と言う。

私たちが病気になったら
猫の世話は誰がするの??


少し、マッサージ器をお借りしたらどうでしょうか?と提案してみるが…
猫優先の我が家。
2016/11/21(月)
『人からの親切』
前にいた女性がエレベターに乗る時にチラッと振り返った。
私がダッシュしていたのを見たのだろう。
エレベータの扉を手で押さえて待っていてくれた。


「ありがおとうございます!!はぁはぁ・・・」

その人も急ぎ足で歩いていたので始業時間ギリギリだったのではないか?
それなのに待っていてくれた。

なんか…ありがたかった。

ちょっとしたことだけど
朝の占いで11位だった私の気分がUPした。