2018/07/20(金)
『魚を手に入れるまでの戦い』
しばらく地元のデパ地下の魚屋さんで
サービス品を買えずにいた。

私が行くと既に売れ切れていて
祭りの後のように閑散としているのだった。


先日たまたま??3パックだけ売れ残っていた。
だけど、まだセール品になっていない。

いつもだったらもう始まっていい時間なのに
その日は売れ行きが良く
セール品にしなくても売れたので
そのまま店頭に並べられていた。

ジーーーーと熱い視線を送っていたら
店員さんに、どうですか?
もう残りはこれだけですヨと言われた。

私としては、これだけなのだから
もう、3パックで1000円にしてよ!と思っているのに
店員さんは私をあおってきている。

見ると、1パックの値段が、1000円1つと、580円が2つ
トータル2160円。
3パック1000にしてたまるか!と思っているのだろう。

心理戦である。

私は、買う気はあるのだがウーとかアーとか言って悩んでいる振り。
店員さんは、そんな人の相手はしたくないみたいなそぶり。

で、とうとう私は言いました。
「この3パック全部買うとしたら、いくらになりますか?」
店員さんは下を向いて考えて中々答えを出さない
そこに、権限をもった上司らしきおじさんが通りかかったので
店員さんがその人に聞きました。
「これ、値下げしちゃってもいいですか」
上司は下を向き考えている振り。

大根役者が3人集まって、はっきり物を言えずに
うじうじしている。

結果、3パック1000にしてくれましたが・・・
今回は、長かった。
スポンサーサイト
2018/07/19(木)
『大笑いしているおとうさん』
スーツを着たお父さんと息子(3、4歳)が前から歩いてくる。
多分、保育園へ預けにいくのだろう。

2人は手を繋いでいて
お父さんは、息子の言った事に大笑いしている。

息子はキョトンとしていたが
お父さんにとっては幸せな時間。
本当に楽しそうな顔だった。

これから職場に行き
営業戦士になり汗だくになって仕事をする。

帰宅時間は、いつも息子が寝た後で
息子との大切な時間は朝のその時しかない。
なので、ちょっとした事でも笑ってしまうおとうさん。
一日のうちで、笑うのはその時しかないかもしれない?


なんて・・・勝手に人の家の日常を想像しながら
すれ違った。

何がそんなにおもしろかったのか?
私にも教えてほしかった。
2018/07/18(水)
『夏のカラス』
朝から30度近く気温があった日
向かいの家の屋根に停まっていたカラスの鳴き声が
かすれていて元気がなかったので
「大丈夫か?」と心配になってしまった。

色が黒いので
熱を吸収しやすいだろうし・・・

ジリジリと熱せられた屋根は、
日向だし・・・部屋の中とは比べ物にならないくらい暑いのではないか?

同じ動物として
暑さを乗り越えるため
ガンバレ!と言いたい。
2018/07/17(火)
『利点と欠点』
地元の駅に向かう途中の同じ通りの300m位の間に
クリーニング屋さんが3つある。

私は、家から近くて、店舗面積が一番広いお店で
会員登録をしている。


どこのお店も閉店時間がPM7:00。

そのお店を選んだのは、
自宅から一番近くにあるから。

後になって困った事は
仕事帰りに仕上った洋服を受け取る時に、
一番遠い事。

持ち込む時は便利だけど、
受取る時は、駅からダッシュしなくてはならない。

定時で仕事をあがると15分前にに地元駅に着くので問題はないが
少しでも遅くなると、電車の乗り合わせが悪く
ギリギリなのでダッシュしている。

そんな時、一番駅寄りのお店にしておけば良かったと思うのだが
会員登録する際に、費用が掛かっているので変更できずにいる。
2018/07/13(金)
『ボタンホール追加お願いします!』
ジャージ生地のボタン一つの短めの丈のブレザーを持っている。

私は胸元が詰まっている方が好きなので
もう一つ上にボタンが欲しい!とそれを着るたびに思っていたので
洋服のお直し専門店に行ってきた。


ボタンホールを上に一つ作ってもらう事にすると
バランスが悪くなるので
下にも一つ追加したほうが良い。

結局、ボタンホールを2つ追加してもらうことになった。

値段は一つ500円。
2つなので、1000円。

ボタンは総取替えなので3個必要となる。

一つ500円くらいかな?
3つだと1500円。

合計2500円

値段の割りに、まずますの満足感。
(だったら初めからそういうものを買えって事だが・・・)
2018/07/12(木)
『勝手に・・値上がる妄想』
3回くじを引いて、
2つは末等のティッシュ
1つはその店舗で使える100円券


別の場所のデパートで引いたくじは
3回引いて
2つはウェットティッシュ
1つはその店舗で使える1、000円券


段々と値が上がっている。

次回くじを引いたら10,000円券かな?
と、勝手に思ってみた。
2018/07/11(水)
『目がかすむ』
ちょっとだけ縫い物をしようと
針に糸を通そうと思ったら…
穴がかすんで、中々先に進めない。

やっと糸が通っても
針を刺す場所がかすむ

どれだけ目がおかしくなってしまったのか??


可能であれば、目の中のレンズを交換したい。
2018/07/10(火)
『英語』
とあるターミナル駅で
駅員さんが、頭に布を巻いた女性に
身振り手振りを交えて
英語で案内をしていた

何か・・・カッコいい!!


外国の人が、表示板を見て
じーっと佇んでいる人を見たら
助けてあげたいと思うが
なんせ、言葉ができない。

言葉ができないから
一緒に目的地に連れて行ってあげるしかない?
でも、そんな事できないから
目をあわせないように下を向いて通り過ぎる
我ながら、情けない


以前外国に行った時、広場で地図を見ていたら
杖をついたおばあちゃんが私たちを助けようと声をかけてきてくれた

その時、”困っている人を助けることは普通の事”みたいなものを感じて
私もそうなりたいと思う。
基礎英語から始めるか??
2018/07/09(月)
『熱帯夜に向けて・・・』
先々週、真夏日が続き
夜も熱帯夜で寝苦しかった。

今年は、梅雨明けが早かったので
夏への心構えができぬまま
暑さを向かえることになって
体が辛かった。

が、先週は夏日どまりで
夜も普通に眠ることができて
それがうれしいと思った。


再び熱帯夜が続く事になるだろうが
今のうちにエアコンと扇風機の掃除をして
冷凍庫にアイスノンを冷やし
準備をしておこうと思う。
2018/07/06(金)
『サンダルが脱げそうに・・・』
電車が遅れたため車内は超満員だった。


私が下車する駅は、沢山の人が降りる駅なので人の波に乗れば大丈夫だろう!と思っていたのだが…
一部の人が我先にと乱暴的に降りる物だから、下半身が上半身に置いて行かれるような形になって
バランスを崩してしまった。

その際に、サンダルが脱げそうになり、
足首を上に向けて必死に堪えていた。

このサンダルは履き心地No.1の物で
去年、インナーと靴底を交換したばかり。

お金が掛かっているし、ここで無くしてなるものか~
たとえつま先がつっても力を抜くな!と、私は私に向かって言っていた。


必死にこらえ、オットット・・・となりながら
ケンケンしながら無事に降りる事ができた。

ドアの外で待っていた乗客の人に
私の必死の形相を見られてしまっただろう。

チョッピリ恥ずかしかったが
仕方がない。
満員電車はそういうものですから・・・