FC2ブログ
2006/05/25(木)
『浸食』
誰でもが小さいときから、きっと些細なことから始まって、いろいろな葛藤のなかをやり過ごしながら、今の私があり、あなたがあるのでしょう。
振り払っても払っても泉のように湧き出でる葛藤を、横に置きやり過ごしてきたのか、真正面から向き合って乗り越えてきたのか、その結果の私がここにいる。
横に置きやり過ごしてきた葛藤の大きさだけ、イヤーなものが意識の中に沈殿して私そのものを、あなたそのものを浸食している。
浸食され続けると、沈殿物の存在が、私、あなた、そのものがイコール沈殿物と化してしまう。
化してどんどん肥大する。
私は、私はまだ、まだ大丈夫。
だと思っている。
何故か私は浸食されている人が見える。
頭が良くって、常識的で、やさしくて、そして一生懸命に生きているのに、そんなあなたのそのものが見えなくなっているのが、見える。
そして苦しんでいる。
ひたすら肥大するのだから苦しいと思う。
誤魔化しても辛さがかいま見える。
でも、そんなところに他人が穴をあけるのは余計なお世話であり、大きな思い上がりです。
偉そうなこといちゃったわ。
私は大丈夫と言っている私が見える他人のあなた。
私は余計なお世話なんて思いません。あなたの忠告が私の命取りになったとしても、私から、沈殿物を掻きだしてくれませんか。
スポンサーサイト