fc2ブログ
2007/04/02(月)
『行進』
新年度が始まって、今日から新しい環境をむかえる人はたくさんいることでしょう。
おととい、近所のスーパーにスリッパを買いに行った時、母親と、父親とこれから新生活をむかえると思われる息子の3人もスリッパを選んでいた。

母親に言われるまま普段使うスリッパと、トイレ用のスリッパを、母親が言うままにカゴに入れていた。
カゴの中はタオルや、洗剤、スポンジなどの水周りで使うものが入っていたが、それも母親が選んだのだと思う。
父親と息子は、母親の後を付いて行くだけで、父親が言う「そうだね。それも要るね。アーいいね!」の肯定するだけの会話が聞こえてきた。
当の本人は生きているのか死んでいるのかわからない位静かに後をついていく。
一列に並んで歩くときは、母親、父親、息子の順番だった。
家族の力関係がそこに見え隠れする。

息子君はこれから一人暮らしをはじめても良いのだろうか?
新社会人(大学生には見えなかった)になるのだから、自分の事は自分でできなくては・・・?
さもなくば、母親に代わる強力な彼女を見つけて、何から何まで決めてもらわないとその息子は生活できないのかもしれない。

しばらく、家族3人の行進は続いたが、私がレジを通る頃にはいなくなっていた。
きっと、生活用品売り場の次に、食品売り場で行進していたのではなかろうか?
スポンサーサイト