fc2ブログ
2007/09/03(月)
『レキューム・デ・ジュールで説明会』
昨日はフランスの凱旋門賞および、シャンパーニュ地方への旅へ一緒へ出かける一部の人たちとのスケジュール調整の打ち合わせで、行きつけカフェの東京仙川のレキューム・デ・ジュールへ。

前回、この企画が持ち上がったときに集まった時には、中国の公衆トイレの話で大盛り上がりであったが、今回は船酔い、飛行機酔いのゲロの話。

ともかく、スケジュールの詰めもある程度終わり、後は出発後ということになった。

自分はとにかく乗り物に弱い。バス、車、船、新幹線、通勤電車でも酔う。
唯一飛行機だけが大丈夫なのだ。

乗り物に弱い人も多いが、新幹線で酔う人はまれだ。
もちろん体調によるのだが、寝不足、風邪気味の時はアウトの確率が高い。
山道のバスも悲惨だ。
一度、バスに乗り遅れたときに。泊まったペンションのおばさんが駅まで送ってくれたことがある。
バスでむちゃくちゃ酔ったのに、そのおばちゃんの運転はF1ドライバー並の速さだ。
住んでいるから慣れているのだろうか?S字が延々と続く下り道を慣れた感じで降りていく。そして、こちらの体調も比例して落ちていく。

フランスでは、田舎の山道のバスの運ちゃんの運転は荒い。
日本のバスなら安全運転だが、フランスの山道路線バスは、ペンションのおばさん級のスピードだ。
自分が運転しているつもりになって、前を睨みながら仮想ハンドルを握って乗っているしかない。自分が運転さえしていれば酔わないのだから。
スポンサーサイト