2007/11/30(金)
『密かな楽しみ』
朝、とあるターミナル駅の端で、毎日のように学生サンカップルが立ち話をしていた。
ボーイッシュな女の子と、真面目そうな男の子。

土日にデートしているとしてもそれだけでは2人の時間が足りなくて、わざわざ朝早起きして会っているのだろう。
初めて見かけた時は2人横に並んでいたのだが、1mはあいていたと思う。
それが徐々に距離が縮まって30cm位になっていた。
朝から焼けるなぁ~と思って気にかけていたのだが、2日間見ていない。
どうしたのだろう?

寒くて起きられないのか?
期末試験の勉強疲れか?
それとも、別れてしまったのか?

いつも2人がどのくらい接近しているか観察していたのに・・・今、楽しみはオアズケ状態である。
スポンサーサイト
2007/11/29(木)
『やめられない!』
今日は職場で色々なお土産をいただいた。
仙台の”萩の月”、信州の”信州りんごプリッツ”とわさび味のポテトチップ、来客の方から”パイ”。
会社で買える駄菓子(うまい棒、チョコ棒、ふ菓子、黒棒、チロルチョコ)を合計140円分買った後にそれらのお菓子を頂いたので、私の机の上はお菓子で一杯になった。

何だか嬉しい!っと思ってしばらく眺めたあと、それらを食べ始めたら中々とまらなくなってしまった。
歯医者に行き始めてからお菓子を控えていたので、その反動がでてしまったようだ。
全部食べると20分ぐらいかかりそうなので、仕方なく途中でやめ、明日のために残しておいた。

過去に私は、”キャラメルコーン”を1袋を一気に食べ、その後気持ちが悪くなって困ってしまったことが何回かある。
職場でその話をしたら、他にも数名同じ経験をした人がいた。

男性で多かったのは、ポテトチップスを1袋一気に食べる人。
2袋食べた時は気分が悪くなったと言っていたが、そんなの当たり前だとも言っていた。

「やめられない!とまらない!!」のは”かっぱエビせん”だけではないのである。
困った、困った・・・・
2007/11/28(水)
『信号』
私が使う最寄り駅の前に信号が付いた。
よくよく見ると駅前は、5差路だった。
でも知る限り事故の話は聞いたことがないし、幹線道路から離れている場所だし、地元の人が通るぐらいしかなかったんではないかのところに信号が付いちゃってとっても迷惑。
車も、バイクも、人も、自転車も、たぶんそれなり譲り合いながら何の不便も無く通過してきた5差路だったのに。

5差路だから、だいたい2ヶ所渡らなければ目的方向にいけず以前は感じずにすんだ、いらいらをそんなところで新たに感じるようになってしまった。

車が通っているわけでもないのに、じっと信号が青に変わるのを待っている人の顔も、信号を無視して行く人の顔も不満そうな、後ろめたそうな顔をしている。
私のような小心者、兼、ずーずーしい人間は其処に信号待ちしている人間がいなければ、信号無視し、信号待ちしている人がいれば、その人を尻目にし無視する勇気も無く、かといって、誰かが無視し渡るや否や私も続けって感じで赤信号を渡り・・・・・・・

信号が付いたばっかりにただでさえ怒りモードの強い私は、感じずにすんだストレスを今感じている。

なーんて、そんな大げさな話ではないけれどこれも行政の無駄のひとつじゃないのかなと思っている今日この頃です。
2007/11/27(火)
『歯医者②』
先週に引き続き、昨晩も歯医者に行ってきた。
今週は「麻酔をしてまで痛いことしないですよ!」って言ってたのに・・・
神経を直接攻撃される痛さに耐えていたら、気が付くとタオルを握った手の中で小指だけが立っていた。
今日、職場でそのおかしなクセの話をしたら、同僚の女性の場合、歯医者で痛い思いをすると、手の甲をつねってしまうため痣だらけになると言っていた。

そして治療が終わった後に、歯の磨き方についての指導を受けたのだが、私の場合、上の奥歯と下の前歯がうまく磨けていないことが判明した。
普段、かきだすように前歯の裏を磨いているので、それでは鏡が水玉模様になってしまうでしょう?
といわれたが、その通り!!
姿見の前で磨いているので、洋服に細かい水玉ができてしまう。
ちなみに前歯の裏側は、歯に密着させて細かく上下に動かせば充分に磨けることを昨日習ってきたので、昨晩から実践している。

もう、痛い思いはしたくないので、今は飴もなめたくないし、ガムもかみたくない。
食事をしたら、直ぐに歯を磨くか、うがいをし、お菓子も極力食べないでいる。

そうしたら・・・体重が1Kgは落ちたかな?
先月末からバタバタしていて、それで2~3Kg減り、歯が原因で1Kg減った。

ここ数年、3Kg落とすのを目的にしていたのに・・・たった1ヶ月で達成してしまった。
良かったのか?悪かったのか?いつまで続くのか?
ちょっと心配である。
2007/11/26(月)
『ポトス』
今日は1日家にいて、1っ歩も外に出ませんでした。
あれもしよう、これもしよう、と思いながら、家にいると結局何もできないなんて、 エーン!!!って感じ・・・・

1つしたことはポトスの整理。
ポストではなくて、ポトス。

鉢の中心に棒を立てて、その棒にポトスの葉が絡めつくように伸び、棒の周りがもっこりといい感じのどこにでもある観葉植物。

ところが我が家のポトスは、2本だけがぐんぐん伸びて、2階まで行って、そこから又鉢まで戻ってくるくらいやたら伸びている。

中心の棒の回りはすきすきでとても貧素。

絡み付いている葉や茎を綺麗に伸ばし棒の回りに持ってきてねじり棒で止めよい感じのもっこり感を作った。

ちなみにポトスって 砂漠でも育つといわれる繊細さは必要ない植物らしい。

だから我が家にも存在するわけか。 納得。



2007/11/22(木)
『一卵性親子』
今朝の通勤途中、父さんが息子(多分男の子で2、3歳と思われる)を自転車の前に乗せてこちらに向かって走ってきた。
お父さんはの顔は何故だか笑顔。
2人で会話をしているのかな?と思ったのだが、そうではなくただニコニコしているのだった。
人が良さそうなお父さんだなぁ~と思って、目線を子供に移すと子供も笑顔。

2人は一卵性親子?と思うくらい似ていて、おまけに2人とも目がお月様の様になっている。

顔が似ている上に、2人ともニコニコしているので、思わず私も笑顔になってしまった。
きっと性格も似ているのではないか?と思う。

そんな2人に出くわして、何だか朝から気分が良かった。
2007/11/21(水)
『歯医者&クイズの答』
今週の月曜日に歯医者に行ってきた。
日曜日に食事をしていたら、奥歯が少し欠けてしまったので、仕方なく職場に一番近い歯医者さんに電話し、無理やり夜の7:00に予約をいれてもらった。
これで、一安心。
・・・と思っていたら、そこの歯医者さんは患者さんに小さな手鏡を持たせ一つ一つの歯について説明から始まる。
最後に歯医者にいったのは、10年位前かな?もう思い出せないくらい昔の話。
虫歯が無い訳ないじゃない!歯医者の”キーン”というのが怖くて極力我慢していたのだが、今回はそういう訳にはいかないくらい、欠けた歯に舌が当たって痛かった。

頼んではいないのだが、あっという間に虫歯を発見され、治療が始まった。
もう既に神経が見えるくらい削られていたその歯は、虫歯にやられていて、それも手鏡を持たされ自分の目で確認させられた。
頭蓋骨に響く器械の振動。
麻酔を打ってもらったのに時々激痛が走る。
先生は「今のは痛かったねぇ」「緊張しないで」「いま削ってますよ」などと声をかけてくれるのだが、全身力が入りっぱなしだった。
大人になっても、歯医者さんだけは行きたくない・・・としみじみ思う。

結局、pm6:45に歯医者に行って、出てきたのはpm8:30。
次の患者さんはたっぷり45分は待たされていたと思う。

来週の月曜日の予約をして、お会計をし、疲労困ぱいの状態で歯医者をでた。
来週は歯ブラシ持参で、歯の磨き方からご指導を受ける予定。
何だか長引きそうで憂鬱。


なお、先週の金曜日の答えは「他殺」です。
クイズの最初の方で、殺人事件がおきました・・・・と言っているからです。
あしからず。
2007/11/20(火)
『感謝』
11月も中旬を過ぎてしまいました。

結局、私的には人生大きな変化も無く、ある意味表面平和で、ある意味情けない人間さらに証明で、今年も残すところ後ひと月半。

もう何も考えずに、どんな些細なことでも日々目の前のやるべきこと、起こってくること、そのことだけに焦点を当て、過去と未来に波及させない。
要するに、刹那、せつなで時に身を任す。

なーんてかっこよく聞こえるけど、それしかできないってことです。

しかしできないなんていったら罰当たりです。

日々起きている残忍極まりない事件、
天災に合い冬の準備もままならない環境、
病院で輸血された血液で、命を失った人、
病院で輸血された血液で、命を脅かされている人、
あげたらキリがありません。

ここまでの私の運を感謝せねば。

なぜか書いているうち本当にそうだと思えてきた。

私って単純。それも感謝せねば。
2007/11/19(月)
『ボジョレーヌーヴォー』
ボジョレーヌーヴォーって日本が一番の消費国なんですってね。
この時期どこのスーパーへ行ってもボジョレー、ボジョレーって試飲しているから、何気に買ってしまいそれなりに毎年飲んでいるか?
なんだけれど、そんなに美味いもの?てのが、私の定着しつつある感想。

ところが木曜日、1本頂きました。
娘とその彼が土曜日来るからそのときに。

そして金曜日飲み会があって、5人だったかな。(一人下戸)
2次会でワインバーに行きグラスOKだったので4種類頂きました。
ウンチク言うほど判らないし、フゥーンって感じで でも美味しかったんだよね。
「やっぱり次はフルボディーにしようよ」で3本飲んじゃった。

ワインって飲みだすと翌日のこと忘れちゃう・・・・
調子悪い土曜日。
なんとか愛娘の為に手料理を作り頂いたボジョレーがこれまた美味しい。

素人の感想は、今年のボジョレーは美味しいかも。
硬いけれどうすくなくて、酸味もあって私好み。

機会があったら是非お試しあれ。



2007/11/16(金)
『クイズ』
職場で穏やかな気持ちで仕事をしていたら、ニコニコ顔をした上司がやってきてクイズをだした。
「8階建てのビルの地下の駐車場で、殺人事件がおきました。
車の横に男性が倒れており、その脇に赤いバラが1輪置かれていた。
さぁ~て、自殺でしょうか?他殺でしょうか?」
このように、文字にすると答えがわかるけれど、さらっと言われると中々分からないものである。

これを聞いた女子3名、仕事の手を休めしばし考える。
”男性””赤いバラ””地下の駐車場””8階建てのビル”・・・・
答えを導き出すためのキーワードがどこかに隠れていないか、もう一度声に出さずに自分で言ってみた。

上司は目の輝きが増してくる。
答えられずにモヤッとしている部下達を見ているのが楽しくて楽しくて仕方がないようだ。
何て人なの・・・・
答えを教えてもらえないまま、上司は自分の席に戻り遠くからニコニコしてコッチをみている。

その話は、火曜サスペンスでは無く、ただの言葉遊びだった。
私は3分後には分かったが・・・・皆さんはおわかりでしょうか?

答えは次回ということで・・・・
2007/11/15(木)
『フランスのストライキ2』
ストライキによる運行状況は刻々と変化しているようである。

で、少々単語の話。
RATPのホームページにおいて、メトロの運行状況がのっているのだが、フランス語がよく分からない人のために、解説

1 rame toutes les 5 min
5分に1本走ってます。
rameが運行しているの意味。

1 bus sur 3
3本に1本のバス運行。

service non assuré
運行保証なし。

fonctionne normalement
通常通りの運行。

27% en moyenne
平均何パーセントの運行。
en moyenne は平均の意味。

trafic quasi nul
ほとんど運行なし。
quasiはほとんどの意味。

trafic nul
運行なしの意味。
nulは無の意味。サッカーの引分なんかでも使います、ここでは関係ないですが。

このほか、街中の駅などで、interrompreまたはinterrompuの単語を見つけると、これは中段の意味。何かの原因などで列車が停まったとき、この単語が駅の画面に現れます。

雰囲気としては、最初より、運行し始めた本数が増えているようですが、今後どのように変化するやら・・・。

メトロ、バスに乗っていて、車内アナウンスがあったとき、聞き取れなくても、周りの人が列車を降りたり、バスを降りる人が多い場合、降りてしまった方が無難です。
行き先が変更になったり、そのバス停、駅にてストップしてしまうこともあるので、次のに乗ればいいや!!ぐらいの気持ちで行きましょう。
2007/11/14(水)
『フランスのストライキ』
フランスの国鉄がストライキに入ったようだ。
ホームページによれば、メトロの1号線は25パーセント、14号線はノーマルに走っているようだ。バスとトラムも平均10本に1本の割合らしい。
それ以外はストップしているらしい。

メトロの14号線が動いているのは、無人運転が可能だからなのだろう。電気さえ入れれば動く?からかも知れない。
1号線は観光客用?

この国のストライキは何本に1本の割合で動かすだけというようなストライキが結構あるのだが、今回のストライキは完全ストップが多いようだ。

郊外からパリ市内へ行くバスなんかが走っているのだが、ハンパない満員状態だから、面倒で仕事を休む人もたくさん出てくる。
ここぞとばかりに仕事をお休みする人も出てくるわけだ。

会社によっては、パリ市内のホテルに部屋をとってくれるところもあるようだが、会社で働く人ばかりではないし、そういうことも稀だ。

さて、今回のストライキはいつ終わるのだろうか?

ちなみにストライキはフランス語でグレーヴである。
2007/11/13(火)
『烏賊』
最近の料理で短時間で、行けていた料理を紹介。
だいたい2人分ということで。

いか(太いの)1ぱい。(刺身用、パックの中にわさびが付いていればOK)
長ネギ(立派なの)1本

イカの足を腸を壊さずやさしくじょうずに引き抜く。
イカの三角の部分を本体の皮を一緒に剥くよう取る。
(足と、腸と三角の部分は別の1品に使う)

胴体の皮をむけたら剥く(やわらかく、ソフトな舌触りになるが面倒だったらそのままでも構わない)
本体を細長く2枚にわけ、格子を入れる(格子の意味がわからなければそのままで)
胴体を2CM,4CMの長方形に切る。
長ネギを5cmのぶつ切り。
ぶつ切りした長ネギをたてに切る。(結果長方形)

油を適当(カレースプーン2杯程度)に入れ長ネギをいためる。
長ネギがしんなりしたら、イカを入れ炒める。
格子が入っていれば綺麗な鹿の子状になったとき、入っていなければ、生っぽい色が白く変わったとき。
塩コショウ(今、最初から塩コショウ一緒が売っている。あれが1番良い)を、バッバ!では無くサラサラと手早くかけ、はい!出来上がり。

塩コショウのみ。絶品!!

もう一品。
足を綺麗にこそぐ。腸を丁寧に取る。目を取り捨てる(墨が飛ばないよう注意)
足と腸が付いている間(イカの口部分の硬いところを取る)

以上処理した足と三角部分を適当に切る。

フライパンに油少々(スプーン1杯程度)に腸をいれ炒める。
腸がはね出してきたら、イカをいれ絡める。
マヨネーズ(好みで)、しょうゆ少々(ティースプーン1杯)

出来上がり。
七味をお好みでどうぞ。

これもやみつきになる1品間違いなし!!

2007/11/12(月)
『もやもや』
仏教の勉強をしようと集まる金曜日の午後、中心となる方のお話がどうもいまひとつだなぁと、ここ半年ぐらいうすうす感じていた。
もやもやしているうちは良いが、はっきりと感じてしまったらもうその集まりに出るのは苦痛になる。

私の場合、もやから、はっきりする期間の時間が長いのが困ったところだが、昨日まではもやの私は、あたかも、もやなんて何も無いかのようにコミニュケーション取っているのに、今日はっきりしてしまった私はすっかりトーンダウンしてしまう。
いくらなんでも大人だから、あからさまに、にこにこからぶすっに態度で表すなんてことはしてないと思うが、気持ちはすっかりあからさま。

今年でこの集まりに出席するのはやめようと決め、いまひとつの突込みのさわりを始めた。
そうしたら、一緒に参加しているある人が、堰を切ったように、突っ込み始めた。
すばらしい突っ込み。

普段頓珍漢な話しかしない、男性がなだめている。
突っ込み始めたその人は、男性の言葉なんて聞いてやしない。

中心の方の返しが私のもやをますますはっきりと取り払ってくれる。

その突っ込み御仁は結構仏教関係を勉強している様子。
中心の方の返しをこぎ見よく切っていく。

遅いよ!あなたの突っ込みどき。
1年以上一緒の集まりにいるのにそんなに詳しいとは全然知らなかった。
この人の話を聞いていたほうが刺激的で興味もわくと言うもの。
なんだったんだ?この中心人物。

ただの年寄りのおじいちゃんだった。




2007/11/09(金)
『カフェの席』
最近近くの喫茶店が混んでいることは前にも言ったのだが、混んでいる状態というのは、注文するときに並んでいると、席がなくなってしまうかもしれないほどの混雑なのである。

必ずしも、荷物なんぞを持っているわけでもなく、連れもいない手ぶら一人のときなど、場所取りなんぞはできない。
後から来る人に次々場所を抑えられてしまうことも度々である。

なんとか、一度も、座るところないんですけど状態にはなったことはない。

新宿でとあるフランス人と喫茶店に行き、場所取りをすましてから、注文しに行くと、そのフランス人が、「これはフランスではありえない」とのたまっていた。いわゆる場所取りを先にするなどということはないという意味だ。
フランスの場合、カフェはセルフであることが少ないから、当然といえば当然であるが、中には、セルフのチェーン店もある。確かに場所取りしている人は見ない。いるのかもしれないが、注文した後、混雑した店内をキョロキョロ席を探す人の記憶のほうが残っている。

日本の場合は、先に席を確保してから注文してください!とかかれていたりする喫茶店や、注文時に、席確保しましたか?などと聞かれたりする。新宿、渋谷など人の多いところでは、駅近くなど、席が全くないなどということもしばしば出くわす。

もう一店舗ほど近所に格安カフェができるといいのだが・・・。
2007/11/08(木)
『気楽に行こう』
小学校のときだったか?中学校だったか?

遊園地にスピードガンがあり、計測してみた。
3球投げることが出来たのである。
よって、1級目は肩慣らし、2級目に気合を入れて投げたのである。

はっきり記憶していないが、確か肩慣らしは80キロ台後半であったように思う。
そして、問題の2級目。
あれだけ楽に投げて80キロオーバーなんだから、本気で投げたら100キロ超だ!!と周りを驚かすつもりで気合を込めて投げた。

91キロ。

確か、最初とのスピード差は4キロか5キロ程であった。

ええっ!そんなバカな?

そして、最後の1球は89キロ。

何のことはない、力を入れていても、そうではなくても、そんなに変わらないのである。

投げる瞬間に力が必要なのであって、投げる前から全身に力をみなぎらしても、結果なんぞ出ない。

物事は何事も同じである。

体調にも集中力にも限界や波がある。
ここぞというときにパワーを使うのであって、そういう時以外は、温存しておくべきものなのだ。
それが性格的になかなか出来ないから、わしは不器用なわけである。

頭も休憩、体も休憩が必要なのだ。

今日は、これして、あれして、それが終わればこれをして、うまくいけばここまで終わらせて・・・・、と、携帯にスケジュール入れていないだろうか?エクセルで予定表作っていないだろうか?

鼻息荒く、力んでも、それは長くは続かない。
人生の本末転倒はこんなところから起こるのだろう。

予定を立てているときが、一番、心と体が充実しているのである。
行き急ぐことは無い。急いでも80数キロの球が90キロになるだけである。そして、それはけして長く続かないのである。やり続けても、二度と90キロを越えることはない。
2007/11/07(水)
『カロリー』
やせては太り、やせては太り、欲望に克つことの出来ない果てしないダイエットが続く。

でもって、カロリーなるものを調べてみた。
おにぎり一個とパン一枚、そして、ざるそば一人前である。

お米はカロリーが高いんではないかと思いきや、なんと、そばが一番カロリーの高い食い物であった。

一日、2000から3000カロリーを消費するらしいが、要するに摂取カロリーが消費カロリーより少なければいいわけだ。

パン6つ切り:150カロリー
昆布のおにぎり:180カロリー
ざるそば:250カロリー

だいたいこんなもんだ。

朝、バターをたっぷりつければ摂取カロリーは跳ね上がり、マヨ入りのおにぎりにすると摂取カロリーは跳ね上がる。
ざるそばを天ざるに変えれば同じくである。

さして、食べた満腹感なんぞは変わらないが、摂取カロリーは数倍の違いになる。

もう、お前は散々カロリー摂取してきたのだから、おいしい、旨いより、カロリーを気にしなさいとじゃな。

マヨをあきらめ、バターをあきらめ、てんぷらの衣もあきらめなさいということだ。
ビール1缶飲んだところで100から200カロリーだから、やっぱり食い物で調節するしかあるまい。

いいお肉ほどカロリーが低いようだが、それはお金持ちの話。

今週に入りマイナス1.4キロ。先は長い。

入隊せず上手にカロリー消費する方法も編み出さねばなるまい。
2007/11/06(火)
『”水に流して”』
さて、昨日の続きエディット・ピアフ。

名前だけは30代以上の人たちならばみんな知っているのでは?
私も名前だけの部類だったけど、10年間ぐらい同じ時代生きてきた人だったが、感慨深い。

リュウマチに苦しみ、孤独に苦しみ、天から授かったあれだけの才能がありながら自信の無さに苦しみ、ヘロインにおぼれる。
そして50才ぐらいで亡くなってしまう。
映画の中のピアフは背中が丸くなり、1歩足を前に必死に出す姿は、もう80歳の老婆。
そして、ヘロインを打ち舞台に上がる。
そして”水に流して(私は後悔しない)”と謳う。

ピアフを演じた女優さんがなんといってもすごい。
マリオン・コティヤール。この女優さんは覚えておこう。
最近は鳥肌たつような映画にはなかなかお目にかかれないもの。

最後のほうで”水に流して”が流れたときは涙が止まらなかった。
私は後悔しまくりだ。
だけど私の人生すべて自分で選択してきたこと。
だから”私も水に流して”だ! なんて思ったらホント涙が止まらなかったなぁ~・・・

機会があったら絶対もう一度見るぞ。


2007/11/05(月)
『愛の告白』
エディット・ピアフ愛の賛歌を見た。
見たのは9月の始めか、10月の始め。
なのに、何故、今ここにそのことを書きたくなったのかは、今日愛するキムタクの”ヒーロー”を遅ればせながら見てきたから。

何人かから、「ヒーロー いいよ! やはり、私のキムタクは素敵」って聞いていたから、私だって、私の拓也君見に行くんだ!!の勢いで行って来た。

うん。
やっぱり私の拓也君はかっこ良かったし、飽きなかったし、見て損は無かった。

阿部ちゃんもよかったなぁ~・・・

なのに、なのに、でもでも、私にとっての映画は、”バラ色の人生”・ ”水に流して”のエディット・ピアフなのよ。

ま、ジャンルも違し、動員数も多かったようだし、いまだ私のキムタク健在でよかったけれど、テレビで十分。
いくら、私の拓也でも、阿部ちゃんでも。

テレビで十分。

ピアフのこと書くつもりが、拓也君と阿部ちゃんへの愛の告白になってしまった。

明日にしよう。 続く・・・・・
2007/11/02(金)
『中日ドラゴンズの優勝』
昨日は物議をかもしている継投によって、中日ドラゴンズが優勝した。
物議をかもしているが、1年野球をやってきた最後の瞬間にそのような状況になった落合監督も大変だったろう。

私の場合、球団の元オーナー会社が阪神と合併し、球団自体は近鉄と合併してしまった弱小球団のファンであるので、優勝はうらやましい限りである。

合併したからといって今さらセリーグの球団のファンにもなれず、かといって、新しく出来た縁もゆかりもない楽天のファンにもなれず、ライバル球団と合併し、ホリエモンの話題まで作ってしまった球団のファンに、何となくうやむやとなっている。

今年の日本シリーズMVPの選手も、その球団にいたのである。

大活躍の中村選手は、常にライバル球団の主砲であったわけで、突然、同じチームの仲間ですとなり、今年は中日の選手となってしまった。合体以前のチームの時と中日移籍後はすばらしい活躍である。

一応、そこのチームのファンですという状態は、以前と比べるとちょっと悲しい。

そういう意味で、長らく中日ファンであった皆さんに、ズーッと中日ファンでほんとに良かったね!と思うわけである。
2007/11/01(木)
『緊急停車』
本日は、仕事の打ち合わせで、埼玉から新宿へ向かった。
途中、荒川を渡る前で、高崎線が緊急停車。

数分後、発車したが、信号が緊急を知らせていたので、確認しているとのことであった。

何が起きたのか分からず、赤羽で埼京線を待っていると、埼京線も遅れている。理由は、武蔵野線で何かが起きたという信号だか連絡が入ったからだそうだ。

武蔵野線といえば、さいたま市の浦和を横切って走っている電車である。そこと、荒川手前の川口あたりはだいぶ離れている。

どういう仕組みかは知らないが、10キロ近く離れているだろう所の信号にまで影響を及ぼすのだから、かなり複雑な仕組みなのであろう。

新潟地震の影響で、東京電力は赤字らしい。
最近は、改札が動かないなどのトラブルも発生している。

世の中全てが、電気とコンピューターを必須としているのだとつくづく思うこの頃である。このブログも、電気とパソコンが必要であるが・・・。昔はなかったものなのに、今それがなければ生活が成り立たない。

終電がなくなると、仕事や飲みで家に帰らない人が増えるそうだ。
携帯がないのは不便な世の中になってしまったが、常に電波に支配されている。

文明が進歩するだけ、やらねばならないとやりたいが増える。
文明の進歩は人間の進歩でないことだけは確かなようだ。

武蔵野線で何が起きたかは不明である。