2008/02/29(金)
『歯医者④』
去年の年末から歯医者に行っているのだが、まだ先生から「治療は完了しました!」と言われない。

歯磨きは歯科衛生士さんに指摘された”よく磨けていないところ”を意識しながら磨いているので、先生に誉めていただいた。
今は、歯茎のはれもだいぶひいてきて、今まではれた歯茎で見えなかったところの歯の歯垢をとってもらっている。
歯垢をとらないと、健康的な歯茎にならないそうで、毎回毎回、小さな鏡を持たされて自分の歯の状態を確認させられている。

1本目を治療している時は、あまりの痛さに全身力が入りっぱなしだったが、ここ2、3回は肩に力が入るくらいにになった。
もう充分きれいになったのではないか?と思うのだけど、歯科衛生士さんの目は見逃してはくれない。

歯医者に行くたびに、今日で終わりかな?と思っているのだが・・・・・そうではないらしい。
次回は期待しないで行こうと思う。
スポンサーサイト
2008/02/29(金)
『機転』
19時くらいに私鉄に乗り、帰るときです。
ラッキー!!
準急があるよ。これで、家には19時30には着く。そして座れた。またまたラッキー。

放送で、「○○と○○間で、5分前に人身事故が起きました。下り全線見合わせています」
げ!!
またか!!

「振り替え輸送しております・・・・・・・」

仕方ない。座れているし、じっと待つか。と20分以上。

「とりあえず、急行を発車させます。準急はそのあとの予定です。先の駅で待機することも考えられますのでご了承ください」

急行が行った。

次は私だ。だいぶ混んできた。
更に10分ほど過ぎたとき、 「次は各駅停車を発車させます」

うーん 話が違うやん。

どうしよう、どうしよう、どうしよう。 座れている事がとても重要度高いけど  ○○には各駅が先です、とも、この準急が先です とも言わない。

ばらばら降りて、各駅のホームに行く人がいる。

先に出るならきっと先に着く 私はそう決断し各駅に乗りました。
ぎゅうぎゅうです。
でも乗れたし、ぎゅうぎゅうは慣れているし、すぐ動いたし、やっぱり、私って機転が利くよなぁ
と、一人、ごちて・・・・・・・

結果。
私の駅に、先に着いたのは、準急でした。
私の乗った各駅を待ち、準急が出て行きました。

私の機転はこんな程度なのです。



2008/02/28(木)
『証明写真』
昨日の夕方、社員証用の写真を撮ると言われて、午後は化粧がくずれているので、明日(今日)の午前中にしてもらうようにお願いした。
小さな写真なので、化粧がくずれているのなんてわからないとは思うが・・・念の為。

そして今日、普段は口紅などぬらない私が、家からリップペンシルを持参し、写真撮影の前にこっそりトイレに行き、口びるの輪郭をかき、はねている髪の毛を水で濡らし、シャツの襟をただし、眉毛のチェックをした。

写真は総務の女性がデジカメで撮る。
普段しない真面目な顔をその彼女に見せるのは、ほんの少し恥ずかしい・・・・

「はい、撮ります!」の声を聞いて3秒。
ブーッとふき出してしまった。
「ごめんなさい。今のは消去して!」
「大丈夫ですよ」
あんまり照れるのも大人気ないと思い、気を取り直しパチリ。
「シミは修正しておいてくれる?」などと照れ隠しの冗談をいって、撮影は終了した。

彼女は、同じフロアーの従業員みなの写真を撮っているので淡々とこなしていた。
きっと何とも思っていないだろう。

美人は美しく!そうでない人はそれなりに・・・
社員証ができるのが楽しみである。
2008/02/27(水)
『記憶力』
日曜日、閉館20分前の図書館に本を借りにいった。
何かを読みたいというだけで、特に読みたい本が無い場合”本日戻ってきた本”という棚を一通り見ることにしている。

そこの図書館は利用者が多く、閉館時間になるとどっと人が押し寄せて本を借りるのに時間が掛かってしまうので、せめて5分前には本を決めたいと思っていた。

上の棚から順番に気になる本を手にとり、後ろのにあるあらすじをチラッと見ては戻し、見てては戻しを繰り返していたら一番下の棚に、一時期読み込んでいた作家の本が1巻~4巻まできれいに並んでいた。
ラッキー!! 今日は、この本で決まり。
早く読みたいな~・・・どんな内容なのだろうか?楽しみだな~・・・

で、翌日から通勤時間に読み始めた。
初めウキウキしていた気持ちが、”もしかしてこの本読んだことがあるかもしれない?”に変わり、電車を降りる頃には”確実に読んだ本”になっていた。

自分の記憶力の無さに呆然としてしまう。
本の裏に書いてあったあらすじまで読んで、これは初めて読むから楽しみだ!何て思っていたのに・・・

今日も、その本を読みながら帰ってきた。
2回目だけど内容をはっきり覚えていないからそれなりにドキドキしながら読んでいる。
これも、記憶力がないおかげなのだろう。
2008/02/26(火)
『春一番』
春の到来を待ち焦がれているのに・・・、今年の春一番はすざましいものだった。

先週末の土曜日、用事があって車で出かけ、駐車場に車を留めて建物に中に入り、30分後屋外に出ると、つい先ほどまで青かったはずの空が、茶色くフィルターがかかっているようにぼんやりと見えた。
目が悪くなったのか?と真剣に思ったのだが、駐車場に置いてある車が砂だらけだったのでとり合えず、私の目がおかしいのではないことが判明。

それにしても凄い風と巻き上がる砂で、車を運転していてもハンドルがとられてしまいとても恐かった。
何だか不吉な感じがする・・・・、気持ちを落ち着けるために和菓子を買って帰ることにしたが、いつもの和菓子屋さんの駐車場が満車だったので、断念。
その代わりに、近くのスーパーでクッキーを買って帰った。
甘いものを食べるのに、いちいち言い訳がましい理由をつけている私は・・・・・何なの?と思うが、甘いものは不安解消に役に立つ。


そして翌日、庭に出るとテラスの屋根のネジが数個落ちていた。
幸い、屋根が飛ぶような被害にはあっていないが、これからの春一番って命がけになるかもしれない?
お菓子を食べる機会が増えそうである!
2008/02/25(月)
『頭の体操』
最近、PCについていたゲームにハマっちゃって、自ら困り果てている。
付いていたのが、9種類で、私で理解できたのが、5種類。
そのうちの3つにハマっちゃてあっという間に時間がたってしまう。

スパイダソリティア、フリーセル、あと、マージャンパイのようなものを、合わせていくやつ。
このマージヤンパイのが、なかなか制覇できず、10回やって、4勝6敗って感じかな。

勝ったら、気持ちよく再挑戦って感じでまたマウス持っちゃうし、負けたら負けたで口惜しくって、クッソ!!っってな気分でまた始まる。
で、また負ける。
勝つまでやめれず、勝ったら気持ちよくまた始まる。

ほんと、こんなことしていたら1時間、2時間すぐ過ぎて、他のやろうとしていることができない。

頭の体操になってるよ、きっとなってるなんて言い聞かせす、ぎた時間を無駄でなかったことにしている。

頭の体操になっていると思うでしょ???
なってるなってる。

さぁ、今日もこれから頭の体操を始めよ!!
2008/02/22(金)
『ぎゅうぎゅう 3』
ぎゅうぎゅう の続きとなるわけだが、あまり間が空きすぎて私自身間延びしてきて、どうでも良くなったけれど、やはり、顛末だけは書いておこう。

40分にバスは出発の予定が、すでに50分。 まで打った。
空気もいきわたるようになり、どう急いでも、集合場所まではあと20分はかかる。

電車の中だが、かまわず電話する。

「あなた、 いまどこ!!」 (何か少し怒ってる・・・  しかたないじゃーーーーん)
「もうバス待てないって!!!」

「わかった。 私のことは気にせず2人で行って」

添乗員の人と変わった。

「上野が9時30分 発だから上野まで来てみて下さい」
「わかりました。大丈夫です。すぐ上野に向かいます」

というわけで 上野でみなと無事に会えたということで、一応めでたしめでたしの顛末でした。

友人2人は私が上野で間に合わなかったら、 「降りようね」って話していたんだって。

泣けるねー・・・

まぁ 天気もよく、上野での出発は予定通りだったから、そのほかの人たちにも大きな迷惑かけずに良かった。

一心同体も経験し、気心知れた友人と日がな1日過ごし私としては良い1日でした。

終わり・・・・

2008/02/21(木)
『お昼のお弁当』
職場に向かう途中に、2つのコンビニがある。
駅前にあるのはナチュラル系を売りにしているもの、2つ目は信号を渡ってすぐにある大手コンビニ。

お昼のお弁当を作らなかった日は、ナチュラル系の方で買うことが多い。
そこのコンビの売り場面積は小さいわりに、駅前という立地条件の良さでいつも混んでいる。


今日、お弁当を作らなかったので、ナチュラル系のコンビニ行こうと思ったけれど、店内が人で一杯になっていてとても息苦しそうだった。
仕方なく、信号を渡って大手コンビニの方にいったのだが、お弁当やパンの棚がスカスカで悲しくなってしまった。
売り場の隅に、新しいお弁当が積まれていた。
店員の人はレジで忙しいようで、棚に並べる素振りも見せない。
ナチュラル系に戻ると会社に遅刻してしまうしなぁ~
結局昆布のおにぎりとパンを買って行った。

これだけ品薄だと、お弁当を選ぶ時間が短くてすむ。
メリットは、ただそれだけ・・・。
お昼のお弁当を楽しみにしている女子事務員にとって、コンビニ選びはカケである。
2008/02/20(水)
『タバコ』
午後の危険な時間帯になり、意識がもうろうとしてきたので、給湯室に一息つきにいってみた。
そこには、長年ヘビースモーカーだったのに体調をこわしたのをきっかけに、キッパリとタバコを止めたはずの男性がいた。
それも、タバコを吸っている。

「あれ?・・・いつからタバコ復活したのですか?」
「先週からまたはじめたんだ。 初めはクラッときたけれどもう大丈夫」
「折角やめていたのに・・・・クラッときたのだったらそのままやめてしまえばよかったのでは?」
「昔は1日30本だったけど、今は5、6本だし一番軽いのを吸っているから大丈夫」
「アララ・・・もったいない」
「もう、無理はしませんよ!」

そう言えばその男性は禁煙中に、わざわざ喫煙所で休憩して、タバコを吸っている人の吐き出した煙を浴びているたなぁ~。
その時はとても淋しそうな後姿が印象的たっだ。
そう考えると、タバコが吸えるくらいに体調が戻ったのだから・・・・良かったのかな?
2008/02/19(火)
『チョコレート』
私が小学生だった頃(随分前の話し)、バレンタインデーのチョコレートといえば不二家の”ハートのチョコレート”が定番だった。
その時期になるとハートのチョコがピッタリ納まるプレゼント用の箱とセットで売っていて、カードを添えれば「はいプレゼント出来上がり!」の便利さと、お小遣いで買える安さがとても重宝だし、尚且つ美味しい。(美味しいというのは、いつもチョコレートを買っていても、結局あげられずに自分で食べていたから知っているのです)


そして、先週のバレンタインデーの日、保険の外交員の女性からチョコレートをもらった。
中身をみたら”不二家のハートのチョコレート”
うわぁ!懐かしい・・・・
昔はもう少し大きく感じたのだけれど・・・・こんなもんだったけ?
3つに割ってあっという間に完食。

やっぱり不二家の”ハートのチョコレート”は美味しい。
こんなに美味しいものは人にあげるのではなく、自分が食べるものだ!と改めて思った。
小さい頃からの、モテナイ女の独り言である。
2008/02/18(月)
『雨水』
雨水(うすい)は、明日なのだそうだ。
雪が雨に変わる時期らしい。要する三寒四温が始まるということだろう。
少しだけ春を感じられることもありそうだ。

ニューヨークは現在、以上に暖かいらしい。
その後、極寒に戻るようだが、その暖気はヨーロッパへ移動するらしい。
来週からは欧州は張る並の暖かさになりそうだ。

この暖気が日本に回ってくるのはいつだろうか?ひな祭りくらいか?

既に梅の話題も始まりつつあり、花粉症も本格化するだろう。
春は春で、嫌なこともあるものだが、今年は冬が寒すぎた。
こんなに春が待ち遠しく、寒さを話題にしたのは久しぶりだったように思う。

明日も多少暖かく、明後日からはだいぶ良いらしい。楽しみ。
2008/02/15(金)
『のど自慢』
カラオケが趣味の母は歌を歌うのも聴くのも好きで、日曜日の午後のNHKテレビ”のど自慢”を楽しみにしている。

母は自分がカラオケ教室で習った曲が流れると、うれしそうに一緒に歌っているが、気合が入ると腹から声をだし、狭い部屋で反響して周りに小さな迷惑をかけている。
きっと、自分の方が上手だと思っているのだろう。
歌が終わるとうんちくが始まり、その歌の難しさを語り始め、しまいには過去に自分がどれだけよその人に誉められたかでしめるのがいつものお決まりのコース。

また、”のど自慢”では、あきらかに”笑い”をとるだろうと思われる人たちが4、5人いる。
いつだったか忘れたが、大舞台で舞い上がってしまった酒屋のおじさんが、伴奏よりも1小節くらい前を歌っていた。
見ている方はヒヤヒヤさせられっぱなしだったが、演奏している人達はそういった人の扱いになれているらしく、いつの間にか伴奏が歌に追いついていて、”カーン”と鐘を一つ鳴らして終了となった。

歌が終わって、司会者の方が出演者の人にインタビューする場合、家族の話題が多く、「おじいちゃん!大好きだよ!」「おばあちゃん、早く元気になってネ!」など・・・・暖かい気持ちにさせられる話題が多い。
これも演出だとはわかってはいても、ちょっと踏み込んだ話しをされると、感情移入してしまう。


”のど自慢”を見ていることは友達には秘密にしたくなるのだが・・・・
私って、ほのぼのした休日を過ごしているのだなぁ~と思わせてもらえる番組である。
2008/02/14(木)
『2段目の引き出し』
職場で使っている私の机の2段目の引出しには、個人的な物を入れさせてもらっているのだが、そこにはティッシュや薬、化粧ポーチ、お菓子などの細々した物が入っている。

その中でも一番場所をとるのはお菓子たち。
クッキーや、チョコレート、うまい棒、ふ菓子、お煎餅・・・・・etc

甘い物を食べると塩っぱい物が食べたくなり、中和されるとまた甘いものをつまんで次に塩っぱい物を食べている。
だから常に、2段目の引き出しには”甘い系”のお菓子と”塩っぱ系”お菓子が入っているので、お菓子に占領されてしまう。


”2段目の引き出し”それは開け閉めが楽で、中が見やすく、すぐに手が届くところ・・・・
便利な場所にはお菓子!!
それで良いのか?
年始に同僚と誓ったダイエット・・・・お菓子を2段目から移動させなくては無理だろうと思う。
2008/02/13(水)
『スコップ』
2月に入って関東地方にも2度も雪が降り、車庫から車を出すために雪かきをしなくてはならなかった。

1回目の雪かきに使用したスコップは、それ専用ではないため、先が尖っていて穴は掘れるが雪をどかすのに多大な労力が必要だった。

2回目、前回の反省をいかし雪が降る前に近くの量販店で、雪かき用のスコップ(¥980)を購入しておいたので、スムーズに尚且つ短時間で雪かきができた。
雪かきをしていて、見る見るうちにきれいになっていくのは楽しいもので、家の外まできれいにしてしまった。

前日の深夜に降った雪は見た目7、8cmは積もっていたと思う。
天気予報によると、雪かきをした日の気温は8℃。
午前中に雪かきした家の外は午前中の雪がうそのように、跡形もなく乾いている。
庭の雪も雪を捨てた場所以外なくなっていた。

もしかしたら、雪かきなんかしなくてもよかったかもしれない・・・・
今回購入したスコップを使いたいがために、朝から張り切って雪かきしたのだが、無駄だった?と思うと少々複雑な気持ちになった。
2008/02/12(火)
『ぎゅうぎゅう・2』
ありえないほど、ぎゅうづめ電車の続き。

まだ一駅きただけだ。
降りる人がいないのだから、更に人が乗るなんてありえないが、降りる人も必死だし、乗る人も必死。私は後ろ向きの男性の背中にぴたっと張り付いているから、ぎゅうっとくれば、背中に、フン(私の空気が押し出される音)ぎゅうと、合板板のようにぴたっと、寸分の隙も無く張り付く。
徐々に閉まるドアにあきらめ足をかけてた人は、ホームに降りる。
動いた。
次の駅。
同じ繰り返し。
次の駅。
やはり同じ繰り返し。
私の下腹あたりで何か振動する。
携帯ではない。
あっ 前の男性のおなかぐるぐる音が私に伝わってるんだ。
仕方が無い。一心同体なんだから。
長い人生、一心同体初めて感じた。
次。
同じ体制。胸が苦しい。まともに息ができない。
次。
他の私鉄が入っている駅だ。
やっと、少し降りた。
背中に張り付いたままでも良かったのだが、動けるのに張り付いているのもなんだからより座席側に移動し、つり革ゲット。
とりあえず息はつけたが新しい人が乗ってきたので、右手は動かない。
周りは見渡せる。
だいたいはみな無表情。
特に男性は、忍の一字の風貌。
一人の女性はいただけない。自分に触れている人をにらみつけてる。
しゃーないじゃん。
にらんだからって、指一本動かないっつうの。

そして、次の次。やっとメトロ相互乗り入れの駅。
もう大丈夫。動ける。しかし時間はすでに50分すぎている。
携帯には、着信、メール、留守電と入っている。
車内ではなんていっている場合でない。

先は見えてきた。

しかし・・・・・・つづく・・・・

2008/02/08(金)
『ぎゅうぎゅう』
日帰りバス旅行行こうと、8時20分に友人二人と待ち合わせた。
バス会社から指定された時間は8時40分だから、楽々のはずだった。
私は7時50分に乗れば8時15分に着く。
十分ジャンと思い駅に向かったら、ホームは人だかりの山。
どこかでポイント故障で上りはめちゃめちゃらしい。
1台電車が来た。すでに超満員。
ホームの人々は自らの身体を必死に押し込もうと自分の手と足を電車にかけるも、身体は全然入らず。
駅員さんがいないので、人山がドアからあふれドアがちっとも閉まらない。
とにかく、1台行った。
次が来た。
やはりすでに超満員。
そしてさっきと同じ状況。
メールで状況を知らせ、最悪2人で行ってと、打った。

すでに最悪。

2台目が行った。

3台目が来た。
これには、絶対に乗ると固い決心の上、あきらめて電車から手を話した人の後釜に、手を駆け足をかけ、横向きになりぎゅうぎゅうの間に身体を押し込み成功。
少しでも奥へとぎゅっと押すと、押された人が又ほかの人をぎゅっと押す。
3台目の中に指1本動かない状況でとにかく収まった。
動き出した。
不思議とゆれると同じ方向にみなが動き少しゆとりが生まれる。
すばやくわずかなゆとりでも、身体の安定を図り、次の駅で押し出されないためになるべく座席側へ身体を持っていく。
次の駅に着いた。
1台前に乗っていった若いお兄さんがホームにいた。
押し出されたんだ。
降りますコールが聞こえるが、誰もホームに降りない。
私も。とにかく前の人に張り付く。

そんなこんなでまだまだ試練は、 つ・づ・く・・・・・
2008/02/07(木)
『携帯電話初心者』
母が自分の体に不安を抱くようになり、何かあった時のために携帯電話を持ってみようかな?っと言ってきた。
携帯電話を持つことで母の不安が少しでも取り除けるならば・・・・と思い、携帯電話を買って母に渡すことにした。

携帯電話を持つのがはじめての母には、スイッチの入れ方から教えないとならない。
電話の掛け方になると、もう全然前に進めない。
まずは、アドレス帳からの電話の掛け方を教えたのだが、あらかじめ登録しておいた私の名前を選択するのに5分。
私が見本を示し「わかった?」と聞くと「うん」と答えるので、渡してみると実はわかっておらず、アドレス帳の最初のページでその先には進めないでいる。
色々なボタンがあると頭が混乱するのだな?っと思ったので、リダイヤルor着信履歴からの電話の掛け方を教えてみたら、どうやらそっちの方は理解したらしい。

そして、私が車で買い物に出かけた時に、母の携帯から「運転中?悪いね!携帯の練習しているの。じゃー切るね」という電話が入った。
うれしそうだったから、車から降りたときに私から電話をしてみたけれど・・・・出ない。

そういえば、電話の受け方を教えるのを忘れていた。
今ごろ、携帯電話を持って途方にくれているのだろうと思うとなんだか可笑しくなった。
2008/02/06(水)
『スーパーの特設』
小雪の舞う午前中であった。
近所のスーパーへ出かけてみると、節分恵方巻きコーナーはバレンタインチョコのコーナーに早替わりしている。
あまりの見事な変貌に唖然とするわけだ。
これが終わると次はひな祭りだろうか?
ひな祭りが終わればホワイトデーである。
ホワイトデーが終われば次はお彼岸だ。
もうその頃には春であり、桜の話で盛り上がるわけだ。
おそらく、小売関係の人は、暦を気にしながらの仕事なのだろう。
ホワイトデーなどのチョコレートは、もしかすればバレンタイン前に仕入先へ同時注文だったりするのかもしれない。

おのおのイベントが、二週間間隔ほどしかない。

とある男性は楽しみに、とある男性は戦々恐々と、そして、ある男性は全く無縁にバレンタインの季節がやってくる。もう10日ほどだから、紅白歌合戦が終わり、今年が始まってから既に一月以上たった今となっては、目と鼻の先だ。そして、その連続だ。
2008/02/05(火)
『歯石、歯垢とり』
6回に分けた歯のお掃除も本日で一通りおわり。

何かと、歯の治療が終わるとやることが多いこのお掃除だが、今回は治療前に行われている。
結構最近、他の歯医者で歯石なんぞを取ったばかりなのだが、別の理由で別の歯医者に行くと、今回のように相成った。

慣れてしまうもので、最初は、痛くて大変なのだが、だんだんと慣れてくる。
当然、家での歯磨きも大分慎重になるからか、後になればなるほど楽になる。

とってもらうと、口の中がすっきりしたように感じられる。

昔は、超音波のものであっても、そのなんともいえない振動と響きがいやだったのだ。
当然、引っかくようにとるときも、血だらけになるのだが、今回前回あたりは、きれいになった気分で爽快になるから不思議だ。



歯医者さんに教わる磨き方だと大変である。
最初は極細やわらかめ小さめの歯ブラシで、歯磨き粉をつけずに磨く。
次は、歯磨き粉をつけて。
さらに、歯間ブラシ。
そして、最後は、消毒液でもゆすぐ。

ざっと10分は磨き続けている。

物の数分で終わっていた昔と比べると雲泥の差。

我慢して続けてみよう。こちらはダイエットよりは続きそうである。
2008/02/04(月)
『恵方巻』
今年も立春がやってきた。
毎年のことであるが、暦の上では・・・という表現つきである。
なざなら、毎年寒いからで、とても春とは思えないからであろう。

それもそのはず、立春の前のは大寒であるから、一年でもっとも寒い時期の次が春始まりますになっているのだ。
当然、立秋もそうであって、すずしくなく、暑い。



恵方巻というのは、関西の風習らしいが、商業主義にのっとって、コンビにでもデパ地下でもスーパーでも販売している。
もっとも、ご飯好きのわしとしては、ありがたい風習である。
巻き寿司であるところが、いかにも関西である。

縁起物であるが、いろんな恵方巻きがある。
一本丸かぶりが基本なのだろうが、まあ、そのところはもうどうでもいい。
方角もいちおう気にしてみるものの、既に食べやすいサイズに切った恵方巻きを、あれやこれやと頂く。穴子ゴであったり、おこわであったり・・・。



豆まき恵方巻き、そしてバレンタインと今月は進む。
暦的には、立春、雨水、啓蟄と過ぎていく。
3月始めの啓蟄を迎えれば、虫の出てくる季節よろしく、暖かくなっていくのだろう。
せめて、毎日、最高気温は二桁でお願いします、お天道様。
2008/02/01(金)
『免許の更新』
先日、自動車免許の更新へ行った。
何でも、普通自動車ではなく、中型自動車免許になるのだそうだ。
とはいっても、運転できる車に変化があるわけではない。
履歴書欄の記入が変わるくらいなのだろう。


それにしても、警察署で免許を更新すると、一月以上手元に免許が届かない。
自宅に郵送もしてくれるのだが、当日見ていた限り、郵送費900円と聞いて、ほとんどの人は、警察署まで取りにい事を選択していた。
地元の警察署なんだから、よほどのお金持ちか、事情のある人じゃなければ、その金額聞いたら取りに行くことを選択するでしょう。


優良のドライバー(ゴールド)だから、その場でビデオを見て終わりになるが、このビデオが片山右京出演。元F1ドライバーじゃん。

滑ったときのカウンターのあてかたなどやっており、知識として参考になる。
考えればわかることも、敢えて、こうやって見ることによって、また納得する。

どうせつまらないビデオだろうと思いきや、結構、へぇって思うビデオになっていると更新の時期になると思い出すように感じるのである。