2008/04/30(水)
『イチゴジャム』
このブログにも書いたが、近くの八百屋で「とちおとめ」が2パック¥260という破格値で売ってるので
、先週末に初めてイチゴジャムを作ってみた。
いちごは大きさは不ぞろいだけど、葉っぱはしおれていないし、よく見るとイチゴのまわりに毛のようなものが残っていて、新鮮そうだった。

家に戻り、Webでイチゴジャムの作り方を調べてみると、思った以上に簡単そう。
後は、材料のレモンが無かったので、以前買ったレモン果汁でごまかすことにして早速スタート。

で・・・・出来上がりは??と申しますと、イチゴが酸っぱかったので、甘酸っぱい「青春の味」のようなイチゴジャムになりました。

チャンスがあれば、他の果物でもジャムを作ってみようと思う。
スポンサーサイト
2008/04/28(月)
『粗品』
数日前、駅前のデパートからDMが届いて、GW期間中、はがき持参の人に限り、朝の10時から先着500名に粗品プレゼントをしてくれるとの事。

いつだったか、以前にもそういった企画があった。
その時は、コーヒーを飲みに行った帰りAM11:00ごろ、お昼ご飯を買いにデパートに寄って、そこで粗品を渡しているのを見て気が付いたのだが、まだ粗品が余っていた。

昨日も、コーヒーを飲んだ帰りに寄ったのだが、おトイレに行きたくなったので並ぶのを後回しにし、AM10:20頃粗品をもらいに行った時には私はラスト20名だった。
凄い盛り上がり!

結局頂いたのは布でできたお買い物袋。
ワーワー騒いでまで欲しい物ではなかったが、粗品って手にするまでが楽しみなのよね!
2008/04/25(金)
『信号待ち』
皆、同じ様な事を考えているんだなぁ~っと思ったことがある。

職場の近くの電信柱の陰で、信号が青になるのを待っている女性がいた。
他に地域地図の陰で信号待ちをしている女性もいた。
ちなみに私は、信号の10mくらい手前の建物の陰で待っていた。

同じ信号で青になるのを待っている人の中で、3人の女性が日陰にたたずんでいる。
4月下旬から、5月にかけてが一番紫外線に注意しないといけない時期であると、雑誌にかいてあった。

信号待ちの1分間、太陽に当たらないように幅20cmの日陰に入る女ごころを男性はわかるだろうか?
2008/04/24(木)
『おやつ無し』
職場でのこと。
目の前のキャビネットに置かれた鳩サブレの黄色い缶。
鳩サブレは頭から食べるか?尻尾から食べるか?
タイ焼きと同じように悩む・・・・

ナンテ!余計な事を考えながらも楽しみにしていたら、実は中身は文房具だった。

実にまぎらわしい。
・・・・ということで、私の3時のおやつは無しだった。
2008/04/23(水)
『少年から青年へ』
朝の通勤時にすれ違っていた少年は、近くのマンションに住んでいるらしく、ベランダで見送る母親に向かって手を振っていた。

今朝、久しぶりにその少年に会ったら、なんと学ランを着ていた。
1ヶ月前まで少年は小学6年生だったんだ。
すれた感じもなく、母親に手を振る姿は小学4年生位だと思っていたのに・・・・

学ランを来た少年は青年となり、もう母親には手を振らないだろう。
2008/04/22(火)
『続 禁煙2』
親にとある新聞記事を渡された。
禁煙の記事だ。
まあ、内容はともかくとして、気になって点は二つ。

禁煙達成まで10年スパンであるということ。
薬など使って、禁煙しやすいようにカウンセリングを受けながらの人が、1年後の禁煙持続が3分の1であるということだ。

いやぁ、気の長い話だ。

わしの場合、明らかに強烈なニコチン依存症であるから、禁煙することによって、様々な体の部分に異変がでる。イライラから来るストレスも原因になってしまう。

が、とりあえず、何とかもうすぐ5ヶ月たとうとしている。
10年だと、ふふっ、あと、9年7ヶ月ある。
2008/04/21(月)
『目が覚める光景』
職場に向かう途中で信号待ちをしていたら、隣に立っていた男性が急に「オッ・・・」という大声をだした。
その人の視線の先をみると・・・・向かいのビルの外階段から、50代位の男性が頭からズズズッ・・・・ころげおちているところだった。
足を滑らせてしまったのだろう。
打ち所が悪いと大変なことになる。

信号待ちをしながら見ていたら、その男性は自分の力で立ち上がり、しばらくじっとしていた。
信号が青に変わり、近くに行ってみたら、おじさんの顔は少し笑っていた。
とりあえず大丈夫そうだ!

おじさんのおかげ?で、月曜日の朝のボーっとしていた意識が、はっきりと覚めた。
2008/04/18(金)
『シワ』
枕カバーにシワが寄っていたのは知っていたのだが、直すのが面倒で、そのまま横向きで寝たら、顔にもシワができてしまった。

若い頃はほっとけばとれたシワでも、年齢とともに、洗顔後にたたいてもあたためても中々とれなくなってしまった。
困った困った・・・・

仕方なくお化粧してでかけることにしたけれど、職場に着く頃にはどうにかシワが目立たなくなっていたのでほっと一安心。
年をとると、枕のシワにも気を付けないとならなくなるんだな~と思った。
2008/04/17(木)
『お尻がジンジン』
職場の近くには地下鉄の駅が3つ、JRの駅が1つある。
会社のビルはそれぞれの駅から歩いて7、8分の距離にあり、便利なのかそうでないのか?分からない。

私はいつも地下鉄に乗っているが、手前の駅で降りると坂を登らないとならなくて、一つ先の駅で降りると4分位余計に時間がかかってしまう。

今までは坂道を登るのが嫌だったので、一つ先の駅をつかっていたが、ここ一週間は手前の駅で降りている。
その訳は・・・・いつもと違うコンビニに寄りたいから。
キツイ(私にとっては)坂を登るのは嫌だけど、たまには違うお昼ご飯を食べたいという思いが勝ってしまった。
でも、でも、でも・・・やっぱり坂はキツイ。
お尻の筋肉がジンジンしてくるので、ほんの少しは効いている感じがする。
長めの登り坂なので職場に着くと少し汗をかいてしまうが、お昼のためではなく、お尻のためにもう少し頑張るつもりでいる。
2008/04/16(水)
『イチゴの運命』
家の近くにある商店街の八百屋さんで、イチゴが2パックで¥100で売っていた。
駅前にオープンした大手デパートの影響で売れ残ってしまったのだろう。

それにしても安すぎる。
自転車で八百屋の前を通り過ぎるときに思わず急ブレーキをかけ、バックして戻ってしまった。
その隣には、2パック¥280のイチゴがおいてあった。
どちらもその金額はうなずける様な品物だったが、ジャムにすれば食べられないでもない。
私はジャムを作ることが出来ないので仕方なく通り過ぎたが・・・・

これを機にジャムを作ってみみようかな?
次に行った時は、¥50になっていたりして・・・
八百屋の弱みに付けこむような気がして嫌な気分になるが、そこで買う最後の物にならなければ良いな~とも思った。
2008/04/15(火)
『缶詰』
夕飯にいわしの缶詰を食べたので、空き缶を軽く洗おうと思った時、缶詰の蓋で手を切ってしまった。
ちょっと触れただけなのに・・・・スパッと切れて直ぐに血がにじんできた。
私の不注意だから仕方がないとは言うものの、缶詰は怖い。

まだ幼かった頃、フルーツの缶詰を缶きりでギコギコしていて手を切ったことを思い出す。
オッチョコチョイなのはあの頃と変わらないようだ。
2008/04/14(月)
『乾かないお弁当箱』
給湯室の水切カゴに、午後になると洗ったお弁当箱が置かれていることがある。
持ち主はお隣の会社の男性。
よりによって、カゴの底全体をおおう様にお弁当箱を置いている。

水切カゴはそのフロアーで働く人が、コップなどを洗った後に置き、水を切る。
よって、夕方まで置きっぱなしのお弁当箱はいつになっても乾かない。
お弁当箱を立てて置けば少しはカゴに余裕ができて、そこで水を切ることができるのだけど・・・・人様のお弁当箱を触るのもどうかな?と思い遠慮する。

その男性が持ち帰る時にいったいどの位乾くのだろうか?っと濡れたお弁当箱を見るたびに思う。
2008/04/11(金)
『人団子』
朝、信号を渡って駅に向かう列は殆ど改札を抜ける人たちである。
自動改札は入るほうが2台、自然にできた順番とおりに進んでいく。

ところが今朝は、定期のタッチの仕方がまずい人がいてたちまち人団子ができてしまった。
よりによって、左右の自動改札でほぼ同時に赤ランプ。
数秒待たないとクリアされないので、人団子がドンドン大きくなっていく。
寝坊した私は、いつもの電車には乗れなかいのは分かっていたが、思わず眉間に皺が寄ってしまった。

皆の注目をあびている問題を起こした人は、首を傾けて不思議そうに自分の定期を見ていたが、定期のせいではないでしょう!あなたのタッチの仕方が悪いのでしょう!プンプン・・・と言いたかった。
2008/04/10(木)
『パスコのシール』
パスコのパンを買ってシールを集めているというお話しは以前しました。

あと2点で30点になるというドキドキハラハラの日、母が食パンを買うというのでパスコのパンにしてもらった。
家に着きシールをもらおうと思って、外装を見渡したがシールが無かった。

エーッ・・・・ウソー・・・シールが欲しくて買ったパンなのに・・・・
店員さんの貼り忘れなのか?誰かがシールだけを持ち去ったのか?

やっと決着が着くと思っていたのに、また先延ばしになってしまったのでやけ食いしたい気分だったが、食パンでは役不足であった。
2008/04/09(水)
『清明』
二十四節季も啓蟄、春分と過ぎて暖かくなると、全く意識しなくなる。
春分の次は、清明。
今月の中旬がこれに当たるそうだ。

清明の次は穀雨。コクウである。
これは読んで字のごとく、食べ物の成長を促す春の雨であるが、桜も散りつつあり、雨が続くと、もう、今年は穀雨になってしまったのではないか?とも思えてしまうのである。

本来なら清明な空でなければならないのにである。

清明でないといえば、世の中もそのようだ
昨年の漢字は偽であったが、ここまでの、世相は、あえて言えば、国会、金融、株、チベットなどに象徴される”乱”か、食品偽装以上に怖い”毒”がこ4分の1過ぎた今年のイメージだ。

IT化が進む一方で、物の向こう側に”人”が介在する事を、自己責任として意識しなければならない一年になるのかもしれない。マスコミでも、プロが相手でも、丸投げと鵜呑みは事故の元であることをそろそろ認識しなければなるまい。
テレビの映像一つでも、そこに介在する人は多種多様だ。それら膨大な携わる人たち一人一人に利と意見と立場があるのである。
オリンピック聖火の映像でも、きちっと見聞きしなければ、見えてこないのかもしれない。
情報捏造、年金、食品偽装、オレオレ詐欺。もうだまされまいぞ!
2008/04/08(火)
『春の嵐』
本日、昼頃に外へ出かけると、猛烈な風。

傘は壊れてしまいそうだから、途中から、傘をささずにあるく。
濡れたままだ。

濡れるのは心地よくはないが、傘が壊れるがもったいないし、だいいち、していても、していなくても、濡れる程度に変わりはないほどの風だ。

不思議なものだ。
こういう風雨の強い日には、必ずといっていいほど、道路に骨の折れた傘の残骸を見かける。
突風なのか、吹き続ける風なのかで、壊れたのだろう。
壊れちゃえば、ゴミだし、持っていても、捨てるところもないから、そのまま道端に捨てていくのだろう。

マナーマナーと言って解決するなら世話はない。
風は通すが雨は通さない画期的な、春の嵐や台風に強いビニール傘程度のもものは出ないかしら。
2008/04/07(月)
『IE7が散る』
桜2

週末の近所の桜。

最近、インターネットを見るブラウザをインターネットエクスプローラーのヴァージョン7に変更した。
してみた。

とにかく、トラブルが多い。
いくつかのホームページを、一度に見たいため、いくつも立ち上げると、すぐ、エラーで全てのページが消えてしまう。
こんなトラブルは結構起きているようだが、こうやって、ブログを書いていて、ダウンしてしまうと、消えてしまうという悲しき現実と遭遇してしまう。

途中まで入力したのに!!という悲しい現実に。

今週で桜は散ってしまうのか?IE7が散るのも早い。早すぎる。
2008/04/04(金)
『葉桜』
葉桜


桜の写真を撮ろう撮ろうと思っているうちに、葉桜となってしまった。

暖かくなったな!と思えば、すぐ桜が咲き始め、すぐ散っていく。

梅は早いが、桜も、公園のその他の木々が緑に色づくまえに咲いて散ってゆく。それだけに、たの花々より印象深い。

ワシントンが桜の木を折って怒られた話を子供の頃に読んだが、フランスで知り合った、シカゴ出身の若者に、日本の桜は有名でしょ!といわれたことがある。

へぇ、外国在住の日本へ行ったことがない人でも知っているんだ!と思ったものである。
日本に興味があるから、そこまで知っているのであって、興味のない人にも、日本=桜とはならないだろうけど。
2008/04/03(木)
『浜松餃子 むつ菊』
むつ菊
先週末に自身の田舎である浜松へ行ってきた。

浜松餃子という言葉は、最近まで知らなかった。
ここ、むつ菊さんは、既にインターネットなどで紹介されている店であるが、実は、このお店目と鼻の先の産婦人科でこの世に生を受けた私としては、親子3代に渡って、このお店の餃子を食べ続けてきたのである。

東京へ出てきてしまったので、今回訪れたのはなんと25年ぶりほどだ。
自身は、ここをお店の名前で呼んだことは無く、”餃子屋さん”であったのだ。
餃子がメインのお店である上に、昔は子供であったため、お酒など一切関係ない。
餃子餃子餃子の店であったのだ。

浜松餃子という単語があることさえ知らなかった訳だが、いまでは、すっかり有名店のようである。
が、ちょいと訪れた観光客がやってくるような場所柄ではない。

甘めの餃子のたれと共に、餃子を食べると、懐かしい昔を思い出すと同時に、おいしくてつい笑い顔になってしまうのである。

自身の3大好物のうち、うなぎと餃子があるが、うなぎはもちろん浜松の名物であることは知っていたが、餃子も浜松名物であるなら、根っから浜松の体なのであろうと思うこの頃である。

東京で食べる一人前5個ほどの餃子では食べた気がしない。
そもそも、サイドメニューではない。れっきとしたメインなのだ。
もっとも、家族全員が一人で15個以上も食べるのは、全ての浜松人ではないであろうが。
2008/04/02(水)
『笑い顔』
嫌なこと、辛いこと、むかつくことが多いと、人間しかめっ面になる。

が、朝、駅から、会社までの間、帰り、会社から、駅までの間、少し上を向いて笑顔を作ると、低いハードルの笑神が舞い降りる。

宗教の話ではない。

笑う角には福来るなどという言葉もあるが、言葉を知っているだけだ。

春になると、冬の顔から春の顔に変わり、笑顔も出やすい。

今日の帰りがけから、騙されたと思ってやってみると、普段ならむかつくことも、そうではなくなってくる。

自分が渡ろうとした瞬間に変わってしまう信号も、しかめっ面の人には不運だが、笑い顔の人には、不運と言うほどのものではない。むしろ、頭の中には万事塞翁が馬という言葉さえ聞こえてくる。

不幸な人のハードルは高い。
何も、帰りがけの信号機にまでハードルを設けなくても良いのに・・・・。

ハードルは、ないとつまらないが、低いハードルなら、越えられるし、自分が天才か!と楽しくなる。
禍福の境はこんなところかもしれない。



一日中笑っていたら、幸運ばかりになるのかい?

そうそう、そうなのよ。一日中低いハードルばかり越えていれば、こんなに楽しい人生は無い。

高いハードル=越えそうで越えられない=結果より過程=あと一歩=悲劇のヒーローヒロイン=不運

こういう、悪循環から抜けるべきですね。低いハードルなら人生変わるわけですよ。
そう、笑顔がハードルを低くしてくれる。
2008/04/01(火)
『新年度』
新年度だからといって何が変わるわけでもない。

日々同じように流れていく。
人は、何らかのきっかけを、一つの転機として使う。この時期もそのひとつだろう。


転機といえば、きっかけ作りのために始めた禁煙も、もう4ヶ月終了した。

相変わらず、禁煙できているが、はっきり言って、簡単に禁煙、禁煙というものではないな!と実感させられるこの頃である。

どうやら、タバコに対する精神依存度が高く、まあ、あれやこれや、体に異変が起きた。

正直、こんなとは、予想しておらず、これの解決の一つに喫煙という手もないことはないと医者に言われてしまう始末だ。

そもそも、よし!と始めたものでもないし、体のためと思って始めたわけでもない。
だから、今日まで続いているのだとも思っているが、途中までは、体の異変は、タバコの吸いすぎであると思い込んでいたのである。

実は、吸いすぎではなく、タバコの足り無すぎが原因であったのだ。

ぼんやりと、転機になるかな?なんて考えていたのだが、一日の中の、仕事の終わり際など、一服を行っていたものがなくなると、次の仕事や作業へ入るときに、一拍おくことができない。
こいつがどうやらストレスの原因であるようだ。

タバコを吸っていたときに比べれば、ずるずると時間を使っているように感じられるのだ。


が、まあ、ここまできた。吸いたいと思うことはもうマレだ。イライラ感は消えてはいない。
しかし、コレクターが集めるように、次のものを集めたいと感じているこの頃である。

禁煙の次、すなわちダイエットだ。



幸い、寒い3月は過ぎ去った。4月には入る。
ここから、ゆったりと、ダイエットを始めよう。メタボ検診に引っかからぬよう。



あんた、二週間で1キロ落ちたって馬鹿じゃないの?
私なんか、数日でそのくらい変わるよ!

といわれようが、

そりゃ落としすぎ。そんなにおとしたら、確実にリバウンドするよ。

といわれようが、

お構いなしだ。

人のためでも自分のためでもない、単なる、コレクトでしかない。
そんなものが、そんなことが、楽しいの?という次元のコレクトだ。

禁煙やダイエットだから、事実の積み重ねというコレクトであるが、そのつまらぬ愉悦が、結果を生み出すだろうと思っている。常にプラスだけをカウントするのだ。