FC2ブログ
2008/12/29(月)
『たくわん』
昨日、上野駅の階段を昇っていたら、前の人のリュックからたくわんの匂いがしてきた。
5、60代の田舎からでてきた感じのその女性は、きっと東京にいる息子か娘に会いにきたのだろう。
自分の子供に自家製のたくわんを食べさせたくて、袋に詰めてきたのではないか?と勝手に思った。

たくわんはお茶受けにもよいし、白いご飯にもあう。
お店でドンブリ物や定食を注文すると、2、3切れ添えてあって、最後のしめに口にほうり込んだりする。
自己主張はないものの存在価値は高い。
たまにどうしても食べたくなる代物である。

階段を昇りきり、その女性は私と違う方向へ行った。
たくわんの匂いは数十秒間だけだったけど、白いご飯が食べたくなった。
スポンサーサイト