FC2ブログ
2009/06/29(月)
『交通事故寸前』
メタボ脱出ということで、週末歩いて信号を渡っていると、右折車がやってくる。
直進車をやり過ごして、さて自分の番と曲がってきたのだろう。
こちらが歩いていることなど、まったく確認がなかったに違いない。
えらい急ブレーキとブレーキの音で、わしの真横で止まったが。助手席の叔母ちゃんの顔はクチをあんぐりあけた驚愕の顔だった。

そりゃ、ひいちゃったら、大変なことですわ。あんた達の人生も。
が、ひかれたら、わしのほうが、もっと大変でっせ!

あまりの急激な右折発進に、とても、おっとっとと避けるなんて間はない。声をあげることすら出来ぬうちに、車は真横であった。

もちろん、こちらは青信号だが、そんなことはあまり問題ではない。
こちらが生きていることがよっぽど重要である。

渡るとき、信号を過信してはならぬ。自分の目と五感はどこかしら働かせていなければならぬ。
スポンサーサイト