2009/11/30(月)
『2度も見た雲』
私は雲を眺めるのが好きで、雲の写真集を買い、雲に関する本を図書館で借りてきて数冊読んだが、その中でも印象に残ったものの一つに”モーニング・グローリー”という雲があった。
(雲に関してはこちら

偶然にも週末のテレビで2局(NHKとTBS)で、それをテーマにしたクイズをやっていたので両方とも見てみた。
どちらも、その雲ができる理由、条件、できた時の状況、それを求めてやってくる人々の姿を映し出していた。
”モーニング・グローリー”を20年も追いかけている”ミスターモーニング・グローリー”と言われている人がどちらのテレビにも出ていて・・・・なんか笑ってしまった。

似たような構成で、同じ登場人物で、違う局。
こんなことってあるんだぁ~。
スポンサーサイト
2009/11/27(金)
『頼りない背中』
先日、とべ動物園の白くまのピースのドキュメンタリーをテレビで見た。

内容は、育児放棄をされてしまった白くまの赤ちゃんピースを人工哺育で育てた10年の記録。
そして現在、こんなに大きくそだちました。めでたし!めでたし!で終わるのかな?と思っていたのだが・・・・そうはではなかった。

白くまのピースは原因不明の病気のため、全身が痙攣を起こす難病を持っていた。
血液検査をしても原因はわからず、精神的なストレスのせいだろうと。
白くまは大きな体の肉食獣なのに、性格は過敏らしい。
自分を育ててくれた飼育員が4日間お休みしただけで、痙攣の発作をおこしてしまった。

そんなピースを案じる飼育員と、柵越しに無言で寄り添うピース。
会話はできないが、確かにつながっている1人と1頭。
人間同士よりも強い信頼関係で結ばれている。

何とも頼りない大きなピースの後姿を見て涙がでてきた。
2009/11/26(木)
『腰痛用座布団』
少し前に腰痛で苦しんでいた時、腰痛用の座布団を買って職場に持っていった。

その座布団は腰に負担をかけないよう真ん中に穴が開いている。
パッケージにあった座り方通りに座っているのがだ、フィット感が悪く落ち着かない。
たまーに、”ジャストフィット!”と思う時があるのだが、ほとんどハズレな感じがする。

本当に腰痛に効いているのかどうか?わからない。
その間、私の体重によって座布団はつぶされ、ペチャンコになりそうである。
2009/11/25(水)
『天気予報が外れて』
今日の天気予報は雨のち晴れだった。
自宅を出るときは小雨程度だったので、きっと職場の方は曇りだろうとたかをくくり傘を持っていかなかった。
でも・・・・念のためにレインコートをバックにいれておいた。

詳しい予報によると、午前9時には雨がやんでいるはずだったのに・・・・
実際は、予定より雨の時間が長かった。

結局、職場の最寄り駅からはレインコートを着て雨をしのぐことに。
当たり前だけど、私以外の人はみな傘をさしている。

私は天気予報に負けてしまった。
メガネを濡らし、顔に水滴をつけ職場に行った。

私だけ全身が湿っていて、誰からも聞かれていないのに、会う人会う人に天気予報の悪口を言った。
あぁ〜あ、疲れた。
2009/11/24(火)
『本とドラマ、どちらが先か?』
先週から司馬遼太郎の「竜馬が行く」を読んでいる。
全部で8巻もある。
この本は、数年前の古本市で8巻まとめて買ったものだが、8巻もあると思うと中々読みはじめる事ができないでいた。

読み始めるきっかけは、日曜日夜9時からの連ドラ「JIN」を見ていて、登場人物の一人である竜馬がとても魅力的な人間だと思ったから。
それと、2010年の大河ドラマが坂本龍馬の生涯「龍馬伝」であるため、本を読んでからドラマをみるのもいいかなぁ~と思ったこと。

今現在、「竜馬が行く」の2巻に入ったところなので、ちょっとスピードをあげないと大河ドラマが始まってしまうと思ったが、ドラマは1年かけて放映されるから、そんなにいそがなくても大丈夫かな?
数ヵ月後、どうなっているか?自分でも楽しみである。

2009/11/20(金)
『プチトマト詰め放題で・・・』
プチトマトつめ放題で1袋¥350。
それはお安いではありませんか!
と言うことで、主婦の皆様は1つでも多く袋にいれようと、色々と工夫をしなが詰め込んでいたが、私は買う気がないので、その様子を横目に別の売り場へ行った。

レジで私の前に並んだ女性は、あのプチトマトを買ったらしく、袋に入れるというよりは、袋に入れた更に上にもトマトを乗せた状態で精算をしようとしていた。
レジの人は大変である。
ちょっと持ち上げただけでプチトマトが崩れ落ちるのだから・・・・

プチトマトを詰めた女性は見ていなかったが、袋に入りきらない(乗っていた上の部分)プチトマトがドッドッドッド・・・・とカゴの中にちらばってしまったので、レジの人が他の袋に入れなおしていた。
もしかしたら、そういう事になるであろうことを察知して、お客の女性は見ぬ振りをしていたのかもしれない?

そこまでしなくてもねぇ~とも思うのだが・・・

その日、レジの人を泣かせたのは何人位いただろうか?
2009/11/19(木)
『ため息』
はぁ〜・・・・ふぅ〜・・・・ほぉ〜・・・・・
自然とため息が出てしまう。

人には「ため息をすると幸せが逃げちゃうよ!」何て言っているくせして。

どうしてもため息がでちゃう。
つくづく、私ってネガティブなんだなぁ〜と思う。

ため息をついていてふと思った。
何の何についてため息をついていたんだっけ?

嫌な事をすぐ忘れるのは良いのだが、嫌だった気持ちだけが残っている。

これで、お菓子を食べると、嫌だった気分も直りそうな気がする。

結局大したことではなさそうだ。
2009/11/18(水)
『冷水ウォシュレット』
職場のトイレにはウォシュレットがついていて、中々使い勝手がよい。

先日、何の気なしにウォシュレットを使ったらこともあろうに水が出てきた。
いつも通り温水がでてくると思っていたので、腰が数cmもちあがってしまったではないですか!
お陰様で、一気に眠気が吹っ飛んだ。

とり合えず、次にウォシュレットを使う人が悲鳴をあげないように、温水のスイッチを入れて出てきたが、眠気をさましにきたひとには水のほうが良かったかもしれない?
2009/11/17(火)
『笑顔』
近所の路地を歩いていいたら、こちらに向かって笑顔で手を振っている女性がいた。
知り合いでもないし・・・・何だろうか?
と思って後ろを振り返ると、その女性の夫らしい人が手をあげていた。

(そういうことですか!私は全くの無関係。)

その夫婦は、多分40代だと思う。
新婚当時から続く姿なのだろうか?

奥さんの笑顔は、つくられたうさんくさい笑顔ではなく、いつもこんな笑顔を他人に向けるのだろうなぁ~と思えるような自然なものだった。


今の私には無理だけど、笑顔が美しい人って良いな~と思った。
2009/11/16(月)
『暑い2人』
週末、ユザワヤの生地売り場で「仕方がないでしょ、見つからないんだから」とヒステリックに怒鳴る女性の声が聞こえてきた。
チラッと見たら、怒鳴られているのは女性の夫らしい。
口を尖らせながら商品棚から通路にでてきた。
同じような布で、同じような商品があって、どれにしたら良いか決まらない奥さんが一生懸命生地をさがしているのに、「まだ決まらないの?」とでも言ったのだろう。

あれだけあれば誰だって迷うでしょう。
ちなみに私は、生地選びをせかされたら嫌なのでユザワヤには一人で行く。

私が生地を選び終えても、例の夫婦はあっち行ったりこっち行ったりしていた。
暖房が効いた店内はかなり暑めだったけど、例の夫婦は汗びっちょりだっただろう。
2009/11/13(金)
『雨の日の交差点』
交差点で向かい側から来る人たちとすれ違うとき、雨の日は特に大変。
普段からぶつかりそうになって危険なところ、傘を差している分場所をとるにもかかわらず、よける場所もなく、前進のみ。

濡れないように傘を深くかぶっている人は、自分の足元しか見えないので、向かいから来る人の傘とぶつかりながら進む事になる。
逆に、傘を高くあげると雨や傘のしずくで洋服が濡れてしまう。

どちらにしても、雨の日は特に気合を入れて渡っている。
2009/11/12(木)
『おじさんの春』
通勤途中の信号待ちで、チワワ(犬)とおじさんが見つめあっていた。
チワワはおじさんにだっこされているので、1人と1匹は近距離であり、1人と1匹の間にはだれも入れない。

おじさんは大きくてつぶらな瞳のチワワが可愛くて仕方がない感じ。
チワワもそんなおじさんに身をゆだねている。
信号が青になっても、しばらくは気が付かず、見つめあっていた。

おじさんにとって、何回目かの春なのだろうか?
2009/11/11(水)
『ウォーキングしているのに・・・・』
ウォーキングを始めて半年が過ぎたのに、見た目の変化はなし。
とり合えず、健康のためにはじめたものの、ダイエット効果を期待しないわけがない。
現実は、痩せるどころか太ってしまった。
理由はお菓子の食べすぎであることはわかっている。
いったい私は何を考えているのだろうか?
反省、反省、反省・・・

もうそろそろ本気で痩せないと事務服がヤバイ。

・・・・ということで、これからウォーキングの前に”スロトレ”をすることにしようと思う。
読んだ本によると、体脂肪を消費しやすくしてくれるらしい。
2009/11/10(火)
『競争心』
私よりほんの少しだけ歩く速度が遅い男性が前を歩いていた。
時間をかけてその男性を抜き去ったあと、その男性が私を抜いていった。

競争をしているわけではないが・・・・
相手は私に対して挑んできている。
どうみても私よりも背が低い人なので、足の長さも当然短いだろう。

結局、また抜いてしまったのだが、2回目はあきらたようだった。

私はいつものペースで歩いているだけであって、迷惑な話だと思った。
2009/11/09(月)
『長靴』
随分前から長靴が欲しくて、お店で見たり、ネットで探してみたりしたが、中々”これ”という物がなかった。
欲しくない物を買うのは嫌だし、この大きな足にも入る物に出会ったら買う事にして、しばらく長靴のことは忘れていた。

先日、パスケースを買いに行った時、同じフロアーに女性用の長靴が置いてあったので、試しに履いてみた。
ビックリ!私の足にぴったりのものを2足も発見。

こんな出会いはそうそうないので、予定外の買い物をして家に戻った。

お披露目はいつになるのか?
早く雨がふればいいのに!



2009/11/06(金)
『無灯火は怖い』
スピードの出る自転車にのってはじめて気が付くのだが、無灯火の右側通行の自転車は、こちらが気が付くのが遅れると強烈に怖い。
自転車のライトの明るさは車と比べたらだいぶ暗い。
しかも、車道の端を走るから、右側通行の自転車とは正面衝突の状態で近づいてくるわけだ。
現状の日本の道路では、こういった右側通行結構当たり前状態であるので、その点は仕方ないが、無灯火であると、さすがに怖い。


こういうことも、残念ながら、スピードの出る自転車に乗って初めて感じることだ。スピードの出ない自転車にのっている場合、無灯火でも、その恐怖心はほぼないだろう。
この文章そのものは、スピードの出ないママチャリに乗っている人には蚊にさされた程度の痛みも感じまい。それはそれで仕方のないことである。


現状、これだけのマナー違反のある自転車があると、心狭いのう!と思う、幅寄せして自転車の通行を妨げるという車のドライバーがでるのも、ある意味仕方ないと思ってしまうわけである。

酒酔い運転が後を絶たぬわけだが、こういった問題は同根のような気がしてならぬ。

メタボという単語とともに、ウォーキングとサイクリングが流行りつつあるが、大問題が起きないことを願うしかない。
なまじ、ルールやマニュアルがあると、かえって、そこに記載されていない部分では、何をしてもいいということになりがちだ。
もちろん、あっても意味がないルールもないに等しく、ルールやマニュアルがあることに満足している人には大きな落とし穴がまっている。

ルールは守るためにあるが、守っていれば、必ず安心ということではない。
自分の身は自分で守ることが、結局一番大事なのだ。
大事なのは運用であって、ルールそのものではないのは、人生も仕事も一緒である。
2009/11/05(木)
『くらう?』
先日電車が遅れてしまった時、私の耳元で遅刻するかもしれないという連絡を若い女性がしていた。

「今○○駅なんですけど、入場制限くらっちゃって・・・ホームにも入れないんです。多分間に合わないと思います」と言っていた。

くらっちゃって・・・??くらうのは”パンチ”でしょ?と突っ込みを入れたくなった。
電話の相手は多分早めに出勤する管理職の人ではないか?と思うのだが、その言葉に”パンチ”をくらったのではないか?
2009/11/04(水)
『二重苦』
職場の帰り道もウォーキングをしているのだが、会社を出て5分位歩いたところで雨粒が顔にあたった。
その日の天気予報で、夜に雨が降ると言っていたが・・・・、まさかこのタイミングで雨?

駅まで20分ある。
職場に傘をとりに戻る気にはなれない。
だからといって、コンビニで傘を買うのもしゃくに障る。
色々と考えてみたが、コートを着ていたので少しぐらい濡れても良いか!と思い、結局そのまま歩くことにした。

5分後、ドンドン雨が強くなってきて、そこ行く人は皆傘をさしている。
10分後、髪の毛がびっしょり濡れてしまい、とりあえず屋根付きのバス停で雨宿りをしながら、ハンカチでメガネと顔と髪の毛をふいていた。
近くにコンビにもないし、ここで後悔してもどうにもならない。
仕方なく、ダッシュして駅に向った。

やっとの思いで駅に着くとびしょ濡れなのは私だけらしい。
とりあえず、濡れたハンカチでメガネをふいて、ホームに向った。
丁度電車がきたので飛び乗ると、反対方向へ進んでいった。

不幸って重なるものだな~と思った。

2009/11/02(月)
『クーポン券』
レジに並んでいたら、私の前のおばさんがレジ係の人に渡したクーポン券の誤りを指摘され、正しいクーポン券を探しに旅にでた。
エッツ?嘘でしょう??
お陰で私の並んだレジは、一時停止状態。
おばさんがレジに戻っても、今度はクーポン券を切り分ける作業がある。
「すみませーん」というけれど・・・・こっちはたまらない。
同時期に並んだ他の列のお客さんはとっくに終わっている。

違うレジに並ぶのも面倒だし・・・・大人しく待っていたが、レジ係の人とそのおばさんが笑いながらクーポン券の話をしている。
もう十分待たされているのだから、早く会計を済ませてほしかった。

空気が読めないというか、空気を読まないようにしている2人。
私の”迷惑です”光線は全く効き目がなかった。