FC2ブログ
2011/03/18(金)
『地震酔い』
【地震酔い】
地震でもないのに揺れているようなめまいやふらつきなどを感じる「地震酔い」に悩む人が増えている。車酔いや船酔いと同じように、視覚情報と平衡感覚とのズレが原因だ。ストレスも一因といい、専門家は「不安を和らげることが大切」と呼びかける。
 災害・紛争地域での医療支援が専門で、阪神大震災でも救護活動をした日本赤十字九州国際看護大学の学長、喜多悦子医師によると、地震酔いは周期が長い揺れが何度も続く場合に起きやすいという。今回は揺れた時間が長く、余震の回数も多かったため、症状を訴える人が多いとみる。
 「余震がまた来るかも知れない」という不安感が、症状を強めている面もある。ゆっくりとした深い呼吸を何度か繰り返すと、気分が落ち着くという。避難所では周囲の人と手をさすりあう、手を握るなどの「手当て」も、効果的だという。「温かいお茶を少しずつ飲んだり、手足を伸ばしたりしてリラックスを心がけてみて」


上は、ネットで見たニュース記事である。

私も“地震酔い“の一人であり、常に揺れている感じがしていた。
職場で「地震じゃないですか?」と尋ねて「いや、揺れてないと思うけど?」と言われたことが数回。
お尻が定まらない感じが数日続いている。

それに、ここ数日、眠りが浅く、寝ていても直ぐに目が覚めてしまう。
自分が思っているより、ストレスがかかっているのだ。

何だが、気持ちがざわついていて、色々な情報にため息をついたり不安になったり・・・・。

被災地の方々のことを思えば、私の環境はとても恵まれている。
自分を励まして、周りの人々と協力して乗り切らねばと思う。
スポンサーサイト