2011/04/28(木)
『何をしましょうか?』
ゴールデンウィークが明日から始まる。
私はいつもカレンダー通り。

今年はGWの旅行をキャンセルした人がいるのだろうなぁ~と、人のことを心配しながら、朝寝坊ができる喜びをかみしめている。

連休中、何をしましょうか?
スポンサーサイト
2011/04/27(水)
『ヘンな話』
夢の話。

私は随分前の知り合いの仕事の手伝いをすることになり、事務所を借りていた。
そこは商店街と大学の近くであり、知らぬ間に大学生が私の事務所に入り込んで休んでいたりする。
そして学生に「無用心だね」何て注意を受けて、図星なので言い返せないでいが、睨みつけたら出て行った。

仕事は暇で、私は猫や犬を見つけては部屋に入れて飼いはじめた。
4、5匹いただろう。
仕事そっちのけで、犬や猫と遊んでいる。
大家さんに見つかったら怒られちゃうかな?と思って、窓も開けず密室で静かに過ごしていたが、段々と苦しくなってきた。

そして、仕事しないとまずいよね?と思って目が覚めた。

夢なので仕方がないが、相変わらずハチャメチャなストーリーだった。
2011/04/26(火)
『買え!食え!飲め!騒げ!使え!』
今、消費が落ち込んでいる。


旅行業界では、キャンセルが続いているという。
旅行に行かなくなると、旅館で働く人が失業する。
旅館に食材を卸していた会社の経営が危うくなる。


これは北海道から沖縄まで、日本中で起こっている現象とのこと。


被災地の状況、余震、原発、放射線、停電・・・・
不安材料がこれだけあると、外にでて、飲んで騒いで・・・・という気分になりずらい。


それにACのコマーシャルで自粛を薦めすぎたのでは?

これからは国民に対して、買え!食え!飲め!騒げ!使え!を連呼したらどうだろうか?
これも、被災地の方々のためになるのだから・・・・

2011/04/25(月)
『洗濯物』
福島の原発の問題を知って、洗濯物を外に干しても大丈夫なのか?心配で部屋干ししていた時期があった。


放射線は花粉と同様、空気中を漂っています。
洗濯物を干したときは花粉をとり除く時と同じように、はたいてから家の中にいれましょう。
みたいな・・・事を聞いて、だったらはたけば良いか!と思い、外に干すことにした。

毎日のように放射線量の話を聞いていると、段々と麻痺してきて大雑把になってくる。


昨日は、快晴。
一昨日の雨がチリやホコリ、放射線を洗い流してくれたような気がして、いつもより空気が綺麗な気がした。

お日様に洗濯物を乾かしてもらうって、ホント気持ちよい。
2011/04/22(金)
『あっという間』
目で見る情報や、耳で聞く情報、体で感じる地震のため、東北地方太平洋沖地震がおきて暫くの間、食欲がなくなった。

職場の同僚も同じような事を言っていた。
彼女の場合、事務服のスカートがゆるくなったと言っていたので、私よりも食事がとれなかったのだろう。


そして先日、仕事を終え、同僚と雑談をしていたら彼女が「あー疲れた。それにきつい」と言った。
さらっと聞き流したが、家について、彼女が言った”きつい”という言葉が何となく引っかかり、翌朝質問をしてみた。

「昨日言っていた”きつい”って何の話?」
「ウエストです」
「数週間前は”ゆるい”って言ってたじゃない?」
「あっという間です」
「実は私も・・・・」

3月11日の状態以上に悪化したウエストが2つ、そこにあった。
2011/04/21(木)
『他人事』
職場でおかしな事があり、モンモンとした気持ちになった。

家に戻り、ご飯をたべ、お笑いのテレビを見て・・・・
いつものように夜を過ごし、いつものように布団に入った。


夜中、こともあろうに、モンモンとした気持ちの原因をつくった人と、電話をしている夢で目が覚めた。
私はその人に対して今日言った事はおかしいので、考え直す様に言っている。

実際には話に参加はしていなかったが、聞いていて納得がいかない事だと思っていた。
それが無意識の夢の中で反論していた。

夢にしろ、何処かで発散するのは良い事ではないか?と思うのだが、朝起きても、気分がすぐれないでいたが、自分の気持ちを言葉にした事はよかったのかもしれない。

他人事と思って知らん振りをする事にきめた。
2011/04/20(水)
『今年の夏の覚悟』
つい2週間前、ダウンジャケットを着ていた。

一気に春になり、昼間の時間帯は暑さのあまり腕まくりをしている。

職場では、「暑いけど我慢だね」の繰り返し。


今は4月だけど、夏本番になったらこの暑さはどうなるのか?

事務服は長袖のブラウスに、ベストとスカート。
いつもの夏は、クーラー病を気にしてひざ掛けや長袖のセーターを着て乗り越えていたが、今年の夏はどうなることやら?

すごい覚悟がいるのかもしれない?
2011/04/19(火)
『我が家にも問題児がいた』
夜のスーパーで、納豆はまだ買えないが、お水を見かけるようになった。

放射線が気になる地域で生活をしている方々は、お水は無くてはならない物でしょう。
そちらの地域へ優先して出荷してもらうのは当たり前の話である。
今は、生産が追いついて、こちらでもお水がいきわたるようになったのだろう。


私が住んでいる地域の浄水場では、とり合えず基準値は下回っている。
気にならないわけではないが、大騒ぎをする気はない。

お水不足が解消されつつあるね!良かった!良かった!
何て家族とも会話をしていた。


そんな時・・・・・
ネコがお水を飲み終え、少なくなったお水の容器が気になったのか、姉がスクッと立ち上がりどこからかペットボトルのお水を持ってきて、その容器に水を注いだ。

エーッ・・・
やり過ぎじゃないの?

私は水道水で沸かしたお湯で、コーヒーやお味噌汁を飲んでいるというのに。
ネコに買った水を飲ませている。

買占めが問題になった時から姉は、せっせと水を探しまわり、母と姉とネコの飲料水は買った水だった。

問題児は我が家にもいた。
2011/04/18(月)
『即、決定!私の靴探し』
週末、ウォーキングシューズを買いにアウトレットのお店に行ってきた。

用途別に綺麗にディスプレイされた店内。
アウトレットだけあって、お値段もお安くなっているが、売れ筋の商品はサイズが揃っていない。

今回は、機能的で、シンプルな物を最低2足は欲しいと思っていた。

足の大きな私は、女性らしいものが欲しくても、サイズがないことの方が多い。
今回変な期待をせず、レディースのウォーキングシューズで、大きいサイズのものはどれですか?と、直ぐに聞いてみた。

私の履ける物は2足のみ。

1足は窮屈な感じがする。
残りのい1足は、とり合えずok。
ということで、入る方をお買い上げ。
足が大きいので、迷う時間は無い。

もう1足は、男性用のコーナーで探す事に。

そこでもサイズのストックが少ないので、直ぐに決まった。

悪いような?良いような?
そんな私の足である。
2011/04/15(金)
『緊急地震速報』
ウォーキング中、周りにいる人の携帯電話がいっせいに鳴り出した。
緊急地震速報だ。

私の携帯電話は古いタイプの物なので、そういった機能がついていないため、とても静か。

職場にいても、私の周りではビービー地震予知情報が入る。

いつも地震がくることを人に教えていただいている感じ。

もしも私一人、テレビもない場所にいる場合、地震の予知はできない。

なんだか、新しい携帯電話が欲しくなった。
2011/04/14(木)
『6階建てのビル』
今回の地震による津波で、最も高かったのは、岩手県大船渡市の23mだったというニュースを聞いた。
(因みに国内で過去最高の津波は、1896年の大地震の際に観測された高さ38.2メートル。(c)AFP)


23mってどのくらいだろうか?
1階を3.8mとして計算すると、6階建てのビルと同じくらいとなる。


ウォーキング中、道路わきのビルを見ながら歩いてみた。
下から6階建てのビルを見上げると相当なものである。

あのビルが、ドーッツと凄い速さで押し寄せてくることを考えると・・・・

言葉にならない。
2011/04/13(水)
『夜の猫』
我が家の猫は、夜、重い引き戸を開けて姉の部屋に入り、胸の上に乗っかっている時があるそうだ。
夜中に目が覚めたとき、自分を覗き込んでいる猫を見てとてもビックリしたとのこと。

10kg近くある猫が自分の上に乗ってくることじたい拒否したいことなのに・・・・・
何を考えているのか?

猫は夜な々、人間の観察をしているのかもしれない?
2011/04/12(火)
『何が真実か?福島原発の話』
福島の原発問題については、テレビやネットのニュースで情報を得ていた。
もう1ヶ月にもまるのに・・・・
中々解決しない。
それどころか、放射線を含んだ水を海に流したりして世界中から非難をあびている。
なにをするのか日本。

私は原発についてよくわからないが、動画サイトのユーチューブで地震があってからの福島原発の事を説明しているも動画があるので、興味があったら見て欲しいと思う。
ちなみに私は、開いた口がふさがらなかった。

”上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告”
”【上杉隆氏】原発設計者 上原春男氏共同インタビュー”

何が真実なのか?
わかりません。
2011/04/11(月)
『動悸』
先週、大きな余震があった次の日から、また動悸がはじまってしまった。

3/11以降、地震や津波の夢を見たり、動悸がしたりして気分的に不安定な日が続いたが、それも落ち着き一安心していたのに・・・・・
また大きな余震で動悸が始まった。

自分ではもう地震に慣れたつもりでいたのに、実は違っていたのだ。


私の動悸は、いつ収束するのか?
地震に聞きたい。
2011/04/08(金)
『姉にとって大事なもの』
3月11日、大地震があったその日。
私の姉は庭に停めてある車が異常な揺れ方をしているのと、その下で波打つ様に揺れる地面を見て、これはただ事では無いと思ったとのこと。
そして次にとった行動は、コタツの中にいるネコの足を引っ張って外に出し、抱き抱え、母とともに外に逃げようとしたらしい。

ネコを一番可愛がっているのは姉なので、わからない事でもない。
でも、我が家のネコは嫌がる事をすると、引っ掻いたり噛んだりする。
常にネコによる傷が絶えない姉が、それを承知の上でとった行動である。

姉にとって大事なもの、それはネコ。

だが、実際問題、大地震がきたら持ち出さなくてはならない物は他にもあるだろう!という話になった。
欲張りな人間が考える事だから、持ち出しリストはすごい事になってしまったが、それを持ち出さないでも済めばそれが一番良いことだ。
2011/04/07(木)
『納豆不足』
震災による納豆不足が続いている。

私は、震災前に冷凍保存していたストックも底をつき、1週間以上納豆を食べていない。

ニュースによると、名産地の茨城県の大手メーカーでは計画停電の影響と、納豆のパック製作している仕入先の工場が被災したため納豆の製造をストップしているらしい。
納豆は18~20時間発酵させた後、5度以下で24時間冷却して作るので2日以上電気が必要とのこと。
納豆の工場がある地域を停電させない事は、東京電量が検討してくれるだろうが(もうしているかもしれない?)、パックを作る工場が被災しているのではどうしようもないか?


連日、夜にスーパーに寄っても納豆は売れきれ。
”お一人様1パックのみ”という注意書きのみが残っている状態である。
きっと10時の開店と同時に納豆売り場に人が殺到しているのだろう。

毎日納豆を食べていた私としては、納豆が恋しくて、休日の10時15分頃、スーパーに行ってみた。

久しぶりに店頭で納豆を見ることができた。
とり合えず、2パックゲット。
ちょっと足を伸ばして違うスーパーへ行ってみた。
1パック¥168円の納豆が、残り6パック。
いつもの2倍の値段であるが1パックだけ購入。

平日買えない分、ちょっと多めに購入して冷凍庫で保管しておかないと!

今は、”水”よりも”納豆”を手に入れる方が大変だ。

2011/04/06(水)
『土日に図書館へ』
計画停電の影響で、地元の図書館の閉館時間が早くなった。

今まではPM9:00までだったので、仕事の帰りに寄り道する事が可能だった。
それがPM6:00までになってしまったため、土日しか通えない。

休日にわざわざ図書館へ本を借りに行くというのは、中々面倒なことである。
が、仕方がない。

便利な生活から、制限のある生活への変化へはちょっとした苦労が伴うが、1年後??にまた便利な生活に戻れる事を信じて、今は我慢である。
2011/04/05(火)
『マスク』
福島原発の問題をニュースで知ったその日の夜から、念のためマスクをするようにした。

そして、仕事の帰り道に同僚の女性と話をしながらマスクをはめることに。

よくあるタイプの鼻のところにワイヤーが入っているやつ。
鼻の形に合わせて針金を曲げたのだが・・・・息苦しい。
皆さんこんな思いをしてマスクをしているのか?

あんまりにも苦しかったので、マスクの位置を上の方へずらしてみると呼吸が楽になった。

どうやら小鼻の上で針金を曲げたのがいけなかったらしい。
もう少しで死ぬことろだった。
2011/04/04(月)
『炊飯器』
昼間の時間帯に計画停電が実行される日の朝、炊飯器のタイマーをセットして出かけた。
一旦、電源が切れるということは・・・・
家に戻っても、ご飯は炊けていないということ?

それに気がついたのは、職場だった。


お腹がすいた状態で自宅に到着。
直ぐに、炊飯器のスイッチを入れねば!と思っていたが、なななんと・・・・ご飯が炊けているではないか!

どういうことなのか?

この炊飯器のタイマーは停電に対応できるタイプのものらしい。
私が思った以上にお利口さんな炊飯器に感謝をした夜だった。
2011/04/01(金)
『興味がない母』
母に、「今日は放射線濃度が高いね」など、原発がらみの話をしても「あっそう」とか「へぇ~」と、興味なさそうな返事が返ってくる。

”考えたくないから”ではなく”よくわからないから”であろう。
母が考えなくてはならないレベルの話になった時は、私達はもっと南の方へ避難しなくてはならなくなる。

そんな事わたしも考えたくないが・・・・

とりあえず毎日ネットで放射線量をチェックしている。