2011/07/29(金)
『移動後⑤』
エアコンの風が直撃である。
羽の部分を動かすと、私の頭からお腹の辺りまで常にどこかが風に当たっている状態。

風を弱くしようと思い、操作盤に行ってみたら、既に一番弱くなっていた。
これ以下は無理なんだ・・・・
ガビーン・・・

ここに約8時間いたら、体調を崩してしまう。

同じように直撃を受ける女性が数名いて、皆悲鳴をあげている。


エアコンの直撃を防止するものがあることは知っていたので、ネットで探し、今あるものに設置可能かどうか?と値段を確認しておいた。

上司に相談した結果、快諾していただけたので、あとは購入するのみ。

本当に解消出来るのか不安はあるが・・・いまよりはマシになる事を願う。

スポンサーサイト
2011/07/28(木)
『移動後④』
職場の中は、新しい建物のにおいがする。
多分、壁の塗料の匂いだと思う。

新しい場所に、新しいメンバー、新しい机や椅子、新しい匂い・・・・。

でも、トイレは昭和の香り。

2011/07/27(水)
『移動後③』
今のところ、朝のウォーキングはしていない。
会社の最寄り駅の一つ前の駅で降りて歩くのは至難の業。
心して歩かないとならない距離である。
まして、この暑いさなかに歩くのは気が引ける。

私のウォーキングシューズは活躍の場をなくしている。
2011/07/26(火)
『移動後②』
お昼ごはんはどうするか?
大切な問題である。

今の職場は敷地は広く、色々な会社が入っているため建物の上と下に食堂が入っており、ワンコインでお昼がとれたりする。
それはとてもよい事なのだが、人がわんさかいて、一斉にお昼やすみになるものだから12時ぴったりにでるとすごい行列に並ばなくてはならない。

私の会社では時間差で昼休みをとるので、早めに食堂に行けるから良いけど、12時10分頃には食堂フロアーは沢山の人でうめつくされている。


ここでは、食べるための戦いが毎日繰り広げられている。
2011/07/25(月)
『移動後①』
職場で移動があると色々と面倒なことがある。
パソコンの設定、プリンターの設定、文書保存場所の変更・・・・

移動日当日からスムーズに事が運ばす、一つ一つ解決していかねばならなかった。

どうしたらよいのか?誰に聞いたらよいのか?

皆それぞれ忙しそうにしている中、
「すみませーんパソコンが・・・・」と切り出しずらい。

フッとため息がでた。
2011/07/22(金)
『引越し』
仕事の内容は変わらないのだが、部署が変わり移動することとなった。

書類がギッシリ詰まったダンボール箱約100個を女性3名で3日間で詰め込んだ。
1箱の重さは20kg位あるのではないか?

初めキャビネットの近くで荷造りをしていたのだが、運ぶのが大変なので、箱を仮置きしていた会議室に書類を運んで積み重ねながら箱詰めをすることにした。

重い箱を運ばなくても良くなったが、会議室へ行ったり来たりする回数が多い。
台車は他の部署の人が使っていたので、私達は自分の椅子を台車の替りにして荷物を運んでいた。

力は無いし、台車も借りられないし・・・知恵を使うしかない。


何やかんやで引越しの準備を終えた時には達成感で一杯になった。
これから荷解きがあるというのに良いのだろうか?
2011/07/21(木)
『ほんの1mm』
トマト用のピューレでトマトの皮をむいていたら、手が滑ってしまい小指の皮をもむいてしまった。

ほんの1mm。
されど1mm。

パソコンを打つとき、手を洗うとき、髪の毛を洗うとき・・・・その1mmがうずく。


そのピューラー購入直後、職場で話たら、トマトは湯むきをすればすぐに皮がむけるのに!と数名にから言われた。
その方法も知ってはいたが・・・常にお湯があるわけではなく、かつ、お湯をかけることにより、トマトが温まるのではないか?という思いがあり、その解決をピューラーに求めたのである。

が、実際に使ってみると、皮をむいている最中にトマトがヌルヌルして手の中での納まりが悪く、フルーツトマトの様に小さい物だとよりヒヤヒヤする。


現在、1mm手の皮を切ってしまった事により、数日間嫌な思いをしたので湯むきに挑戦する気になってきている。
2011/07/20(水)
『「マンマ?」』
我が家のネコは夕飯時になると、台所に来て人間達に色々とアピールを始める。

①人と人の間に座り、ジーッと見つめる。
②「ミャー」と鳴く
③テーブルに前足をかける
④人間の足を引っかく
⑤噛み付く

そんな時、逆にネコに対して「マンマ(ご飯)?」と尋ねると「ミャー」と答える。
「あーちょうかい、ちょうかい・・・おなかがすいたのかい」
と言って、煮干が与えられる。

先日も、いつものように「マンマ?」と姉が聞いたら「ミャー」と鳴いた。
私もたまには聞いてみようと「マンマ?」と言ってみた。
シーーーーン
そして姉が「マンマ?」と言うと「ミャー」。
気を取り直して私が「マンマ?」と、かなりやさしく言ったのに
シーーーーン

私には答えない。
誰にでも言うのだと思っていたのに・・・・

それを見た姉が、ほんと可愛いネコだよと言った。
ケッ、全く面白くない。
2011/07/19(火)
『金縛り』
夜、ふと目覚めた時、こともあろうに”金縛り”状態だった。
意識はあるのに体が動かない。
寝ぼけているし何かの間違えでは?と思い寝返りに再チャレンジしたが・・・・動けない。

こうなると焦って意識がはっきりとしてくる。
何となく後ろに誰かいるのではないか?と思い怖くなった。

とりあえず早く金縛りをとかなくてはならない。
声を出そうと咽に力を入れた。
自分では「あああーーーー」と言っているつもりなのに中々声がでない。
何回かの挑戦でやっと声が出て金縛りが解けた。

声が出て寝返りをうち、その後直ぐに意識がなくなった。
寝てしまったらしい。

そしてまた金縛り。
前回同様、数回試してやっと声を出すことができた。

今度は体を起こし、幽霊がいるかどうか?確認してまた寝た。
(寝ぼけているので、普段出来ないことをしている。)

怖いと思いながらも、直ぐに寝てしまう私は、本当に怖かったのか?その時の自分自身に聞いてみたい。
2011/07/15(金)
『着圧ソックス』
着圧ソックスという物を買ったのだが・・・・困っている。

外のパッケージに

・キュッと引き締め
・スッキリシルエット
・オフィス旅行に

と、書いてあったのでスケベ心を出して買ってしまった。


数日後、朝のウォーキングを終え、職場の更衣室でその靴下を履こうと思ったら・・・
あまりにもきつ過ぎてかかとから上にあがらない。
湿り気を帯びた足がいけないのか?とも思ったが、そういう問題でもなさそうだ。

この靴下を履きたいと思う人々の対象には、”大きくて太目の足”というのは入っていないのだろうか?と思わざるを得ない。

更衣室で悪戦苦闘している間、汗は出続ける。
もう無理!という事で、ストックしているユルーイ靴下に履き替えた。

この圧着ソックスは腕には丁度いい。
2011/07/14(木)
『絶壁、現る』
朝のウォーキングで汗をかいてしまう為、お化粧は崩れるし、髪の毛はぺったんこになるし、からだはべたつくし・・・
たまりません。

職場について汗がひいた後のこと・・・

お化粧は崩れたら、多少戻す事は可能である。
(実際はしていないが・・・・)
汗は、専用のウエットティッシュでふけばすっきりする。
だけど、髪の毛は直せない。

私の頭は形が悪いので、毎朝苦労して後ろの髪の毛を膨らませている。
それなのに、汗でぺったんこになり、絶壁が姿を現すのであった。
2011/07/13(水)
『限界1分前』
朝、コンビニでお昼のお弁当を選んでいたら、お腹があやしく痛みだしてきた。

前日に飲んだ便秘薬が効いたのだろう。
冷気に触れたことがきっかけで腸が活発に善導運動を始めたらしい。

のん気に、お弁当を探している場合ではない。
私は何も買わずにコンビニをでて、前のめりになりながら会社に向かった。

下半身は気が抜けない状態である。
一時楽になるのだが、すぐにまた危機的な状態になる。

職場のビルに入り、ホッとして1階の女子トイレに向かった。
エレベーターホールを越え、角を曲がると、女子トイレの1m先にお掃除のおじさんが掃除機を持って立っていた。

ここまで順調に事が運んだのに・・・・何で・・・・
何で最後の最後におじさんに「おはようございまーす」と言わないとならないのか?

限界1分前の私としては、おじさんに対して笑顔はない。
2011/07/12(火)
『ショートパンツ』
ショートパンツを履いている女の子がいるとつい目が足にいく。
彼女達も、それは計算の上でのことであろうが・・・・

細くて長い足に、ハイヒール。
外国では、その手の商売をしている人達しかやらない格好だろが、日本ではファッションとして若い女性ならばOK!
無駄毛の処理もきちんとされてしていてピカピカ光ってまぶしい。


ショートパンツの女の子が歩いていると、おじさんの視線と絡んでしまう。
2011/07/11(月)
『節電と言うけれど・・・』
中部大学の武田先生のブログによると、今、電力不足がいわれているが、実は足りている。
電力不足と言っている理由は他にあると・・・・
詳しくはこちらをクリック


3月に停電があった時、太いローソクが手に入らなくて困った覚えがある。
それから、ドラッグストアー、スーパー、デパート、量販店・・・・お店に入る度にローソク売り場に行き、やっと太いローソクを購入する事ができた。
寒さが緩み暖房が必要なくなると、計画停電はなくなった。
夏の電力消費量は冬以上になるということなので、ローソクは夏に使うだろうと思っていた。

が、経済産業省の事業者を対象にした15%の電力の使用制限と、一般家庭に対して節電を促すことにより乗り切れるかな?と言っている。

上の武田先生のブログを読んだあとにに節電の話をされても、何言っちゃてんの?東電の人も、経済産業省も何と恩着せがましいことを言っているのか?と思う。
何も知らない国民を馬鹿にするのも程があるのでは?

私のローソクを買い取ってくれ!
2011/07/08(金)
『さすが店長』
私が過去にウォーキングシューズを買ったお店から、夏物のバーゲンセールの葉書が届いた。
待っていました!!とばかりにお店に行ってきた。


今回は、バックベルトの付いたウォーキング用のサンダルが欲しい。
それも茶系。

店員さんにその旨を伝え、足のサイズを言って、まずはセール品の中で探してもらった。

「残念ながらありません。」
本当に・・・心から残念である。
夏用のサンダルが欲しくてネットで探したけど気に入った物がなくて、このお店で是非!と思っていたのに・・・


そのやり取りを聞いていた店長が、「こんなのどうでしょう?」と一足持ってきてくれた。
黒い皮で、甲の部分が調節可能なマジックベルトでできているバックベルト付きのもの。

今回は、茶系を探しているのでそれで茶があると良いのだけど・・・
別の店舗にはあるそうなので、同じメーカーの違う靴だけど色の感じを見せてもらう事に。

見せてもらったのは、茶系の皮でできたサンダル(バックベルトなし)

良い感じ!
店長に悟られないように声をあげずに喜ぶ。
今日は、バックベルト付きのサンダルを買いにきたはず。
他の店員さんにもあんなにバックベルトを強調して探してもらったのに・・・
もしもこれを買うならば衝動買いだ。
衝動買いにしては高い。
どうする私?
ここ最近贅沢はしていない。
これくらいの楽しみは良いだろう。
イヤ待てよ。
このサンダルで歩けるか?
サンダルを履いたまま考え続ける。
私の周りには試し履きした靴が5、6足転がっている。
その靴達にもどうすんのよ?と言われているような気がする。

一期一会。
そんなささやきが聞こえてきた。
「これもらっていきます」

つい数分前まで、残念な気持ちでいたのに・・・

店長は接客上手!!
2011/07/07(木)
『仕方がないこと』
Tシャツにスカートを履いて鏡をみたら、とても寸胴に見えた。
知り合いに、寸胴に見えるかどうか聞いてみたら、寸胴なんだから仕方がないでしょうと言われた。

「そんな事ないよ」という答えを期待して質問した事を、答えを聞いてから気が付いた。
ウエストが巨大化していく私。

”仕方がない”部類のことは、他人に尋ねるものではないと思った。
2011/07/06(水)
『猫の反撃』
ちょこんと座る猫の後姿が可愛くて・・・
つい頭の辺りを両手でグルリグルリ混ぜるように撫でてしまった。

数秒間は我慢したのだろう。
でも、我慢できなくなった猫は反撃にでる。
噛み付き攻撃である。

一方的に私が悪いので、家族の同情は得られない。
それどころか、猫にストレスを与えるなと怒られてしまった。

手を引くのが遅れた私の手にはカサブタができているが、誰にも見られないように気をつけている。
2011/07/05(火)
『3秒ルールを使うおじさん』
お弁当屋さんのオリジンでお惣菜を選んでいたときの事。
おじさんが丸い容器の蓋を下に落としたにもかかわらず、元の場所に戻したのを見てしまった。

自分は(おじさん)清潔な蓋をしてレジでお会計を済ませ出て行った。

”3秒ルール”?だとしても、戻しちゃダメでしょう。
そうめったにある事ではないとは思うが・・・・ありえないことではないと思う。

キャーーーー。



2011/07/04(月)
『お財布を直す』
整理していたらチョッと前に使っていたお財布がでてきた。
ホックボタンの金具の一部が壊れてしまい、いつか直してもらおうとそのまま放置されていたものだ。

こないだ衣替えをした時に、洋服のお直しをしてもらいたい物があったので、そのついでにそのお財布を持っていってみた。


結局、見積もりをとりますということになった。

店員さんは、お財布の現状を細かく見て預かり書みたいなものを書きはじめた。
「はい、ここにキズがあります。」
「ここに剥がれた部分があります」
「ここは擦れてますね」
「どこのメーカーですか?」
などのやり取り。

そのお財布は名だたるブランド物でもなく、使い勝手の良さと全体の雰囲気の良さが気にって買ったものだった。
預かる側としては、仕事として聞いているだけであって、私を傷つけるつもりで言っているのではないことは良くわかる。

いつも見ていたものなので、細かな傷やはがれを気にしていなかったが、改めてそれを指摘されビックリした感じ。
これは、エステ(フェイシャル)で顔のシミ、皺、たるみを指摘された時の気分に似ている。
2011/07/01(金)
『無敵!』
私はいつものように歩道を歩いていた。

その横にある車道をママチャリに乗ったおばさんが、すごい速さで進んでいく。
前を走る男子学生を2名、たちどころに抜き去り、あっという間に小さくなっていった。
まるでロードバイクの様だ。


実はママチャリは電動自転車である。

電気と筋肉をフルに使って進むおば様は無敵!としか言えない。