2012/06/29(金)
『雑草を見ると・・・』
最近、草刈りに力を入れすぎたためか?道を歩いていて、道端の雑草に目がいくようになった。

あの、雑草は引き抜きやすそうだとか、ウワーあれはてこずるだろうな?とか・・・

雑草とりをしているところをイメージしている自分にビックリする。
何だか最近、草をみると無性に抜きたくなるのだ。


今はまだ良いが、真夏の草刈りは命がけかもしれない。
その頃には草を見ると嫌な気分になているだろう。


こんな気持ちは今だけだろうが・・・・雑草を抜きたい。
スポンサーサイト
2012/06/28(木)
『サヨナラ・・・』
近所のスーパーが今月一杯で閉店することとなった。
夜9時まで営業していたので、重宝していたのだが・・・
とても残念。

今、お店に行っても商品棚はガラガラ。
もう、入荷しませんヨ!状態である。

お客さんも少なく、店内に流れる音楽が良く聞こえる。


ホント、あと数日で閉店するんだ。
何か泣きそう。
2012/06/27(水)
『草刈の悩み』
草刈をする時に、一番の悩みが”蚊”であった。
過去形で語るのは、その問題が解決したから。

職場で草刈の話をしたときに、”防虫ネット”というものがあることを教えてもらった。
私があれば良いな!と思っていたものである。

すぐにネットで検索してみると・・・出てくる出てくる・・
防止つきの物、自分に帽子につけるネットだけ物。


週末、近所の量販店に行って買ってきて、帽子にセットして使用してみた。

バッチリである。
耳元で聞こえていた蚊の音も聞こえないし、もちろん刺されない。

最高な気分で草刈ができる。
嫌だった草刈が楽しい作業に変った。
(人前にはでれない姿だけど・・・・)
2012/06/26(火)
『62番で2時間20分』
先週、チケットをとるために列に並んでいた。

発売時刻の10分前に到着して、地下に続く階段に沿って並ばされた。
私は62番目。
62番目だったら、おそくても1時間くらいでチケットが買えると思っていた。

が・・・私の考えは甘かった。

1時間しても全く前に進まず同じ場所。
1時間30分たっても同じ場所。
(日差しが強かったため、地上で並んでいた人が全て購入してから動いたため遅かった。警備の人の計らい)


自分の番になって分かったのだが、店員さんは4名いてもそれぞれの役割が決まっている。
一人は席を確認し、座席表に線をいれる
一人はお金のやりとり
一人はチケットを抜き取る
一人はチケットを封筒に入れて渡す。

コンピューターで管理されているとばかり思っていたが、完全な手動であった。

店員さんたちは自分達のペースで作業をしている。

責任者のような人は、散々文句を言われたのだろうし、これからも言われるだろう。
顔の汗を拭き拭き、心配顔であっちに行ったりこっちに行ったり。

結局私がチケットを買ったのは並び始めて2時間20分後であった。

私の後ろには200人くらい並んでいた。
全体をさばくのにどれだけかかるのか?
1時間で30名。

考えると怖い。
2012/06/25(月)
『折れた枝』
先週の台風で、4メートル位の木の枝が折れてしまった。

枝は折れてはいるが、折れて取れたのではなく、まだ木につながっている状態。

葉っぱが少し枯れているが、まだ生きている。
時間をかけて死ぬのだろう。

どうせなら、ノコギリで切り落としてあげたいところであるが・・・手が届かない。

何か、死に損なった人間を見ているようでつらい。
2012/06/22(金)
『稼いでおくれ!』
スギちゃんを見ているとほっとする。

何か、いじりたくなる感じ。

笑っている顔がかわいかった。

今しかないヨスギちゃん。
存分に稼いでほしい!
2012/06/21(木)
『通勤の楽しみ』
村上春樹の小説『1Q84』全6冊の文庫本を読み終えた。

通勤時間に読んでいたので、家にいる時は仕事に行きたいし、職場では早く帰りたいと思っていた。
電車に乗って読書をしたいのだ。
”だったら、家で一気に読めばいいじゃん”という話ではあるが、ちょっとずつ進んで、その先どうなるか?を考えている時間も好きなのだ。

が、先週末でその楽しみが無くなってしまった。


喜びと悲しみが混ざった気分である。
2012/06/20(水)
『必死に帰る』
台風の日、夜の6時頃に会社を出て家に向かった。

ターミナル駅はいつになく混雑している。

台風に備えて、皆早く帰るように会社から言われたのだろう。
人、人、人・・・・


大震災の後、停電や強風などで、幾度となく電車が動かないという経験をしてた事もあり
”早く帰って下さい”と会社の上司に言われると素直に”ハイ”と言って帰る事にしている。

台風の日は、帰るのに必死な人達で一杯だ。
2012/06/19(火)
『ザ、昭和』
松田聖子さんが再婚したというニュースと共に、松田聖子さんのデビューしてからの映像が流れた。

聖子ちゃんカット、ブリッコ、アイドルの結婚と出産・・・
過去の映像は、私が生きた時代でもあり、とても懐かしくなった。

昭和のアイドル ガンバレ!!
2012/06/18(月)
『夜の図書館』
地元の図書館は、夜の9時まで営業しているので、仕事の帰り道に寄ることができる。


夜の時間帯は、社会人が多いのでとても静か。

インターネット専用のパソコンがあり、そこではキーボードを叩く音だけが聞こえる。

少し先にあるインフォメーションでは、声を抑えて会話をしている。


何だか、図書館にきている!って感じでワクワクする。
2012/06/15(金)
『ネットショッピング』
最近、ネットで買い物をする機会が多くなった。
安さも理由の一つではあるが、種類が沢山あるので選べるところも良い。

もう一つ。
ネットを見ていると、過去に検索した商品がチラチラ現われて、”あっそうだ!その商品欲しかったんだ!”と思い出さされる事。

これは、もうネットショッピングの会社の思う壺。
ホントに、人の弱点をついてくる。


そして週末には、私の元に扇風機が届く予定になっている。
2012/06/14(木)
『親子の違い』
芸能人親子(お母さんと娘)がテレビに出ていた。

娘は何となくお母さんに似て可愛らしい。
でも、ハッキリ違うところがあった。
それは”目”。

お母さんはクッキリ二重。
娘は一重。

デビュー前のお母さんは娘と同じ顔をしていたのだろう。
遺伝子は嘘をつけないと思った。
2012/06/13(水)
『雨の日のバス』
雨の日のバスは遅い。

普段、歩きや自転車の人たちが自動車で送迎してもらったりバスに乗ったりで、交通量が増えるせいもあるでしょう。
が、歩くほうが早いのには参る。

ジトジト湿った車内は気持ちまでジトジトする。
イヤーな空気でも窓を開けることが出来ないし。

最悪である。
2012/06/12(火)
『大きな折り畳み』
先週、大きな折りたたみ傘を買った。

自分としては65cmの傘がほしかったのだが、女性用はない。
男性用で1つあったが重い。

購入の条件は”軽い”こと。

”軽量”のを探すと60cmと70cmがある。

60cmでは現在持っているのとさほど変わらない。

70cmを広げてみると、他のお客さんに迷惑がかかるのではないか?と思えるくらい大きい。

さーどうするか?


目的は”濡れない折りたたみ”なので、結局70cmのを買うことにした。

どうにか梅雨入りにまでに大きな折り畳みを手に入れる事が出来た。
2012/06/11(月)
『順番を無視した結果』
エレベーターホールはそれなりに混雑していた。
後から来た人は、前から待っている人よりは前に行かないように・・・
何となく自分の順番を分かっている感じ。

ところがである。
おばさんは後から来て一番前で止まった。
だれも文句をいう人はいないので平気な顔をして一番最初に乗り込む。

目的地は図書館。

一番最初に入ったおばさんは、結局一番最後にでることになる。
それに気がついたのは目的の階の近くになってからであろう。
早く降りたそうに体を動かしている。
でも、前には人がいて動けない。
最後に乗っていれば最初に降りることができたのに・・・

自業自得。
2012/06/08(金)
『疲れを笑いで飛ばす』
ちょっと前から、ユーチューブでUPされたMXテレビの”5時に夢中”というテレビ番組を見ている。

民法テレビの中では、大手のスポンサーがついていないらしく、コメンテーターの方々が言いたい放題なので面白い。


その番組の司会者が、4月からふかわりょうさんに代わった。
いつも、ひな壇の後ろにいて弄られているイメージの人だったが・・・

癖のあるコメンテーター達の良さを殺さずに盛り上げるのがうまい。
空気を読み、大して面白くない話にもオチをつけて終わらせている。
さすが、芸人さん。
頼りない気がしていたが、今は安心して見ていられるようになった。


夕方の5時から始まる番組なので、ユーチューブでしか見れないが、毎日UPしてくれる人がいて感謝。
仕事の疲れも笑いで吹っ飛ぶ感じ。

著作権の問題もあるでしょうから、いつまで見ることができるか?
それまで楽しませていただく!
2012/06/07(木)
『嫌な思い出』
以前、偽者と知らずに買った靴屋から”棚直し季節商品在庫一掃ご案内”というメールが届いた。

半額以下だったので、思わず飛びついてしまったが、商品の発送地が中国となっていて何かおかしいな??と思ったが、粗悪品が手元に届いた時は、後の祭り状態であった。


そこからメールが届くなんて信じられない。
嫌な過去を思い出してしまったではないか・・・

随分と開き直った商売をする人たちだ。
2012/06/06(水)
『天変地異』
ことしも暑い夏になるとのこと。

また猛暑??


ほか、地震、竜巻、ゲリラ雷雨、雷・・・

天候に悩まされる事が多くなった。


心身ともにそれについていくのが苦である。
2012/06/05(火)
『靴下の危機』
職場でのこと。

向こうからくる男性の視線が私のつま先に注がれていた。

あーバレたか・・・

その日の靴下は、親指のところが極端に薄くなっていた。
破れてはいないが、糸1本でつながっている感じ。

黒い靴下なので、肌色とのコントラストが強く目立っていたのだ。


朝、その靴下を履いた時に”やばい”かな?と思ったが、”今日は大丈夫”と自分に言い聞かせてきた。

が、他人の目はそれを許してくれなかった。

今日1日は知らん振りしてしまおう。
靴下のつま先をちょっと引っ張り足の裏で踏むようにして薄くなった部分を隠しておいた。

1日、踏みしめる足に力が入った。
2012/06/04(月)
『折りたたみ傘』
先週の天気は、雨のマークが多かったため、毎日のように折りたたみの傘を持ちあるいていたような気がする。

雨が降ったら要をなさない様な小さな傘である。

折りたたみなので仕方がないが、その傘をさしても、膝から下と背中と腕は濡れてしまう。

近所のスーパーの開店記念で100円で購入したものだが、もう少し大きな折りたたみを買おうか?
最近、ネットで探している。

入梅までに探せなかったら、100円の折りたたみ傘のまま我慢だ。
2012/06/01(金)
『自転車の油』
前回はパンク。
今回はギアー外れ。

ココのところ、自転車に関する災難が続いている。

ギアーがあずれてしまったらどうしたら良いのか?
そんなのわかりません!

でもどうにかしなくてはならないと言うことで、ギアーを引っ張って元の位置に収めることにした。

15分くらい格闘した結果、元の場所に収まってくれたが・・・
手は、油で真っ黒。

その日、図書館で予約した本を受け取る予定でいた。
トイレの石けんでは落ちない。

手が油だらけでは、私が触るもの皆、真っ黒ベタベタになってしまう。
どうしたら良いか?
そうだ!クレンジングだ!!
とりあえず、ドラッグストアーに入り、油が落とせそうなサンプルはないか?探してみた。

ラーッキーな事に、泡がたった洗顔クリームが”どうぞお触り下さい”と言わんばかりに置いてある。
それでは早速使わせていただきます!

で、ゴシゴシした結果ほぼ落ちました。

ホント・・・ラッキーだった。