2015/02/27(金)
『春よ来い!』
今月は28日間と言うこともあり、あっと言う間だった。


そして3月といえば、春。

もう寒い冬はうんざりだと、心底思う頃に3月になる。
仕事帰りに外に出ても、薄っすらと明るいのがうれしい。
気持ちが救われる。


冬毛に覆われた丸っこいネコも、直にほっそりしてくるのだろう。
スポンサーサイト
2015/02/26(木)
『外交するおじいさん』
上の階には市の施設があって、そこでは色々な催しが行われている。
待っていたエレベーターが開くと、賑やかな団体が乗っていた。


今回は外国人との交流会らしきもの??だったのではないか??

エレベータの中では、興奮冷めやらぬ的なおじいさんやおばさん達が英語で話を盛り上げ、それを聞いた外国人がそれに答えて皆で盛り上がっていた。

個室の中でそれをやられると、反響して耳が痛いのですが・・・
と英語でどういうの?



その後、暫くの間耳がジンジンしていたが・・・実は、少々感動すらしていた。

このおじいさん達は、戦後の日本を発展させた人達で、多分仕事は引退しているのだろう。
英語だってジャパニーズイングリッシュであって決して流暢なものではない。
知っている単語を並べただけの人もいた。

こういう物怖じしない人達に日本の若者にその姿を見せて引っ張っていってほしいと思った。
2015/02/25(水)
『整形手術の話し』
百田 尚樹 著 モンスターを読んだあと、
テレビに映る女性の"目”が気になってしまった。

内容は、人並み外れたブスな主人公がそれゆえ色々なつらい思いをし、整形手術により人並みはずれた美人に変身して故郷に戻ってくる。
そこでレストランを開き、過去に嫌な思いをさせられた人達に復習しつつ自分の目標を達成させるお話し。


整形手術をするドクターの説明がとても詳しくかかれていて、自分が患者になった気分にさせられた。
そこで、手術をしたかどうかの見分け方みたいなものが書かれていたので・・・
女性の”目”を見てしまうのだ。


因みに私はそこそこのブスかもしれないが、
整形手術はしていない。
2015/02/24(火)
『日本経済のため』
隣国より、ドット人が押し寄せているという。

朝の電車で、スーツケースを2個と頑丈な袋に電化製品らしきものを詰め込んだ人を見かけた。
この人も隣国の人なのだろう。

この購買力が、日本の経済を支えているものの一つとなっているのは否めない。


ががががが・・・・
彼らの帰国が通勤時間に重なると、荷物が邪魔で電車の奥に入れない。
どちらも必死顔。


お買い上げありがとうございました。
またのご利用をお待ち申し上げます。

と、思うことにする。
2015/02/23(月)
『猫の記憶力』
我が家のネコは、冬の間、こたつの中かストーブの前か、餌場か、砂場(トイレ)にいる。

食う、寝る、遊ぶのうち、”寝る”(こたつ滞在時間)が極端に増える。


不思議なのは、スイッチが入っていないストーブの前にたたずんでいること。
暖かくないはずなのに・・・
何かの感覚センサーが壊れているのではないか?

ネコとストーブの間に手を差し込んで、温度を確かめてみる。
暖かいはずがない。

過去にそこの場所が暖かかった事を覚えているのだ。


と言う事は、私が意地悪して袋を被せたり、嫌がるのに抱っこしたり・・・
そんな事も覚えているのかな??

猫の記憶力について考えさせられた。
2015/02/20(金)
『3月末までのポイント』
夜のスーパーで、レジ待ちをしていた。

並んでいる人数と、カゴの中身をチラ見して選んだレジだったのに・・・
店員さんが”3月末までに今貯まっているポイントが切れるので、商品券に替えるか?ポイントを使うか?選択してください”と、いう説明に対して、お客が質問を始めた。
○○だったら・・・
△△だったら・・・
□□だったら・・・
と、結局長丁場に。

店員さんは、会社の指示で説明をしているので仕方がないことだけど、まさかの質問攻撃。

後に続く我らお客等は、冷たーい視線を強く、強く・・・店員さんに向けてみた。
自分の意思でお腹が鳴らすことができれば、音でも抗議したかったけど・・・
力不足だった。


私の支払いの時にも、既に何度か聞いた店員さんの説明を初めから聞くことに。
店内放送すればいいのでは?と思うのだけど・・・
2015/02/19(木)
『前髪切りすぎて、無言』
先日、自分で前髪を切りすぎてしまった。

家族に「変?」と聞いてみたら、無言。

「切りすぎちゃったかな?」
再度聞いて、我に返った家族は「嫌、大丈夫だよ」と100%気を遣った回答。

やっぱり変なんだ・・・・

髪の毛なんて、1ヶ月で1cm伸びるんだから大丈夫だよ!
と、家族を慰める私。
何か、逆じゃないか??
2015/02/18(水)
『外国人から見た日本の面白いところ』
外国人観光客に注目されているもの。
ネコカフェ、阿波踊り、カプセルホテル、温泉、新宿ゴールデン街・・・・

外国の日本のガイドブックには一体何が書かれているのだろうか?
逆輸入をしたい気がする。

外国人の目からみた、日本の面白いところに新たな発見がある。
2015/02/17(火)
『丸顔 → 面長』
久しぶりに結婚当初の父と母の写真を見て、私は、母に似てきた思った。

幼少時は丸顔で、父に似ていると言われていたのに・・・
年齢を重ねるたびに顔が長くなり、面長の母に仕上がってきている。

このまま母を観察していれば、自分の老後の姿を見ることになるのだろう。

やっぱり血は争えない。
2015/02/16(月)
『ガリの食べすぎ』
回転すしに行った日の夜、のどが渇いて渇いて・・・
やたらと水分をとってしまった。

理由はわかっている。
ガリ(生姜の甘酢)の食べ過ぎ。

生姜は体を暖めるので冬にはもってこいだし
甘くておいしい
食べ放題


欲張ったせいで、夜中に3度もトイレに行くことに。
自業自得だけど・・・
暖めるために食べたのに、夜、寒い思いを3度もするはめになってしまった。
2015/02/13(金)
『事故の金額』
自動車保険の更新の度に悩んでしまう事。
事故が起きたらどの位お金がかかるのか?
保険会社のホームページに書いていある
保障金額をいくらにすればいいのか?さっぱりわからないのに契約を結ばなくてはならない。


更新をする度に、1年間無事故でいられたことに感謝するとともに、
事故なんてまっぴらだとも思う。

2015/02/12(木)
『乳母車と母親』
朝、始発駅で、ドアが閉まる前に乳母車に赤ちゃんを乗せた女性が乗ってきた。

最後に乗ったので、停車駅で人が降りる度に一旦外に降りないといけない。


降りる人が多い駅では、人が降り終わる前に電車のベルがなってしまった。
お母さんは焦って、隣のドアに移動中にドアが閉った。



”乳母車と公共の乗り物”問題は以前からあった。
私は、お母さん達が気にせずにドンドン乗れる世の中になって欲しいと思う。
けど・・・日本では自分達が苦労せずに乗れるように自ら工夫する必要もあるのではないか?と。

今回のケースでも余裕を持って次の電車に乗っていれば、目の前でドアが閉まる事もなかったはず。
結局、自分の首を絞めたのは自分。

待ち人のいないホームに取り残された母と子。
母の気持ちは極寒だっただろう。
残念でならない。
2015/02/10(火)
『電池交換で1週間は・・・』
腕時計の電池交換のため、通勤途中のターミナル駅で降り、大手の電気屋さんに行ってきた。

腕時計を渡すと、1週間かかるという。
エーーーー。
1時間の間違えでは?
と思ったが、防水加工されているのでメーカーに出すためとの事。

今入っている電池は、ここで交換してもらったもので、その時は20分位で終了したことを話してみたら
過去に完全防水できずにお客ともめたので、以後メーカーに出すとこにしているらしい。

料金はメーカーに出すと2700円。
通常の電池交換は1000円。

完全防水を求めると時間がかかり、料金は2.7倍かかる。

気をつけて使うので、ここで電池交換をしてもらえないか?
何かあっても文句は言いませんと誓って、どうにか交換をしてもらえた。

日本製の時計なので大丈夫ではないか?と思うのだけど・・・
以後、洗い物やトイレで手を洗う時は必ず時計をはずしている。
2015/02/09(月)
『ピンヒール』
雪が降った翌朝、ニュースでは”路面が凍っているので転ばないように注意してください”としつこいくらいに言っていた。

駅までの道のりで、坂道を下って、そして登って・・・・と
危険な場所が数箇所ある。
油断をしたら、危険だぞ!気合を入れて外にでた。


外は、雪が積もってはいないが、路面が凍っている。
まだ溶けていないので、ピカピカ光っていて、歩くとツルツルという音が聞こえてきそう。


私の前を歩く女性はピンヒールで、コツコツコツ。
何か、かっこつけている。
と、思った瞬間”ズルッ”とこけた。
跳ねるくらいの大コケ。
暫くの間動けないようだったが、ゆっくりとたちあがり歩き始めた。


ピンヒールを履けない女の僻みかもしれないが・・・・
雪の翌日は、履いちゃいけないでしょう!と心の中で言いながら追い抜いた。
2015/02/06(金)
『今時、おもち』
何だかおもちが食べたくなって、スーパーに買いに行った。

おもちと言えば、あんこ、きなこ、しょうゆとのり。

あんこを買おうと思ったけれど、棚に並んでいるのを選んでいるうちに、自分で作るのが一番おいしいし安くて沢山食べられるということになり、あずきを買う。
2015/02/05(木)
『そろそろ春に向おうか?』
数ヶ月前までは、朝に人参リンゴジュースを飲んでいた。

寒くなって、わざわざ冷たい飲み物を飲みたいという気分にならなくなり
尚且つ、使用後のジューサーを冷たい水で洗うのが億劫になり、うっすらとホコリが・・・

という事で、暫くの間ジュースを飲んでいない。


そんなぐうたらな状態の中、ある健康本に、朝起きたら水を1杯飲むと良いと書いてあった。
(よく聞く話ではあるが・・・)


冬の間は、ジュースよりも簡単に実行できる”水”にチェンジすればいいじゃん!と思った。
春に向って、一歩踏みだすぞ!!
2015/02/04(水)
『類似品』
絨毯の上に3cmくらいの黒い塊りが・・・
ゴキブリ??

血が一気に引いていく。


よくよく見てみると、それは、扉が風でガタガタうるさい日に、ゴムでできたそれを挟んで音をさせないようにするためのものだった。

そういえば、数日前の風の強い日につかったな~。


お役目が終了したら、直ぐに元に戻さないとえらい目にあう。
2015/02/03(火)
『大袈裟な天気予報?』
先週の金曜日。
朝の支度をしていたら、テレビで大雪注意報がテロップで流れていた。
今日は、完全装備で外出しないと!そんな気にさせられる程。
だって、注意報だし・・・・

でも、いざ外に出てみると、ただの”雪の日”としか思えない。

降っては溶ける雪。
まだ積もっていないので、ツルツル滑るほどではないし。
電車も定刻で動いている。

お昼前には雨に変わっていた。
”大雪注意報”は"大雪に注意が必要かも?”だった。



最近の天気予報は、より悪い予報をするところが多くなったと思う。
天気予報が当たったら→当たり前
天気予報がはずれたら→冗談じゃない
そんな空気が、天気予報を大袈裟にさせたのか?
と思うと、腹を立てる訳にもいかない。
2015/02/02(月)
『いき所の無い気持ち』
人の命は、国や宗教が違っていても同様に重いものだと解釈されているものだと勝手に思っていた。
というか、そうであってほしいと思っていた。


昨日の朝起きると、テレビでは邦人人質殺人のニュースが流れていた。

人の命が交渉に使われ見せしめにされていた事件のあと、後味が悪くやりきれない気分でいた。

ご本人の事、家族の事、関係者の方々の事・・・


そして、
人間は死んだらどうなるのだろうか?
魂はあるのだろうか?

誰かに教えてほしい。