2017/04/13(木)
『靴を修理してほしいのに・・・』
靴底のかかと部分がすり減ってしまったので
修理屋さんに持っていった。


店員だんは靴底を見て一言「底にヒビが入っているので無理ですね」と・・・・
見た目はそんなに痛んでいないので、そんなに簡単に言わないで!と思い
無理だとしても、来年も履きたいと思うと言うと
ウーンーーーと唸ってしまった。

とちらとしては、せめてあと1年は持たせたい。
あーそうですか。と引き下がることは出来ぬ。


靴底を交換することはできますか?とお尋ねして
そのサンプルを見せてもらった。

それは、今の靴底の半分くらいのペナペナの薄っぺらいゴムだった。

結局、これ付けても直ぐにヒビ入りそうですね?と言うと
「そうですね」と半笑

店員さんは、初めからやる気がなさそうだった。
どうにか諦めさせようと思っているとしか思えない対応。

完璧でなくて結構ですので、かかとの部分だけ補修してもらえないか?と頼み込んだら
イヤイヤうなずいてくれた。

そんなに働きたくないのか?あたなは??と言いたい。
スポンサーサイト