2018/04/05(木)
『足がつった夜』
東京駅周辺で、迷子になった後の数日間
足の疲れが中々とれず、油断すると足がつりそうになっていた。
(慣れていない靴を履いていたので、余計に疲れてしまった)


大分足の状態が良くなって
そんなことも忘れちゃったりした頃
夜中、寝返りを打った時に足がつってしまった。

無防備だったし…仕方がないけれど
自分が思っているより
体は老いているのだぞ!というメッセージだと思った。
スポンサーサイト