FC2ブログ
2018/11/02(金)
『樹木 希林さんの言葉』
樹木 希林さんが9月に亡くなり
特別番組を見ていて心に響いたものを書きとめた。


時が来たら
誇りを持って
脇にどけ

児童文学者が言った言葉で、

次の世代に譲る事は必要。


「語る 人生の贈り物」2018・5・25 朝日新聞
私、自分の体名自分のものだと考えていました。
とんでもない、この体は借りものなんですよね。
最近、そう思うようになりました。
若い頃からずっと、わがもの顔で使ってきましたからね。
今ごろになって「ごめんなさいね」と謝っても、
もう遅いわね。
でも、借りていたものをお返しするんだと考えると、すごく楽ですよね。
人から見ると、それを「覚悟」というのかもしれませんね。
いまなら自身を持ってこういえます。
今日までの人生、上出来でございました。
これにて、おいとまいたします。


スポンサーサイト