FC2ブログ
2019/11/29(金)
『泣き続ける子』
電車が来るのをホームで待っていたら
後ろから子供の泣く声が聞こえてきた。

それも本気で泣いていて
エーンエーンではなく
エーーーーーーン、エーーーーーーンと
長ーーく伸ばしている。
肺活量が多いのだろうと、関心するくらい。


電車に乗っても変わらず泣いている。
密室でシーンとしている中、
泣き声と、それを慰めるお父さんの声のみが聞こえてくる。

お父さんが理由を聞いても何を言っているのかわからない
(多分、ぐずっていたのだろう)

少なくても20分、全力で泣いている
自己顕示欲が強いのか?
がんこなのか?

多分、気の毒に思ったのだろう
近所で座っていたおじさんが、席をゆずってあげていた。


親子は、途中の駅で降りていったが・・・

夕飯を食べて、食欲を満たせば
子供はぐっすり眠るだろう
お父さんも疲れてぐっすり?
スポンサーサイト



2019/11/28(木)
『加湿器』
先週、押し入れから加湿器をだして
その日の夜から使っている。


寝ていたら、ポコポコ…
水の音が聞こえて
目が覚めてしまった。
そういえば、蒸気が出る量を”強”にすると
音がでるんだったと思い出す。

慣れるまでもう少し時間がかかりそう。


朝は、窓の結露がひどいので
100均で購入した水取りで窓の水滴をとる事がセットとなる。
2019/11/27(水)
『イケメン先生』
喉の痛みが治らなーーーい。

病院で処方してもらった薬を飲み終えてしまい、
ドラッグストアーで市販薬を購入して飲んでいた。

2週間も痛みが続いていたので、ドラックストアーの薬では手に負えないと思い
職場の近くにある内科に行ってきた。

紹介してもらった同僚が言うには
先生はイケメンとのこと。

実際に行ってみると
加えて、遠慮がち
胸に聴診器を当てるたびに「ごめんなさい!」と言ってくる。

前回の病院で言われた
のどちんこが小さい事にも触れずにいてくれたし…
患者の話をよく聞いてくれる姿勢がうれしかった。

先生も、2週間も痛みが続くのはおかしいとおっしゃるし・・・
今回は、ちゃんと治したいと思い
抗生物質で菌と戦う事にした。

5日分の薬を処方されたが、
飲み終える前に良くなってくれると良いのだが・・・

治らないとしても、イケメン先生に泣きつくのも良いかも??
2019/11/26(火)
『坊主頭と同じか?』
帰りのエレベーターで一緒になったグループ会社の男性は
顔は知っている程度の関係。

その男性が、扉が閉まると私に話しかけてきた

(髪の毛辺りを指して)随分とバッサリやっちゃってるね?
私は短かいのが好きなので…
(自分の丸坊主を指して・・)いつも俺もこんな感じでスッキリ!
参考にはならない髪型ですね
家族がバリカンでやってくれるけど最近はやってくれなくなった。
飽きたのではないですか?
そうなんだよね?
実は、私もバリカンもっています。

ここでロービーに到着。

目を見開いて、私に質問したがっていたが…
その理由は、次回までお預け。


自分で髪の毛を切っている私は、
坊主頭のその人を、仲間と思ってよいのか迷うところ…
2019/11/25(月)
『映画の感想』
”マチネの終わりに”という映画を観てきた。

本を2度読んだので、あらすじは大体わかっているが
映像化されるとどんな感じになるのか?
楽しみにしていた。

が…期待し過ぎて撃沈されてしまった感じ。

その理由は
本と大分内容が異なる事
約2時間で表現するのは難しい事はわかるが
誰が何を語るか?の”誰が”違うし
場所も違う

主人公の2人がすれ違ってしまった原因が判明するきっかけが違う。
知人の死に接する事になるが、死ぬ人が違う。

わたしがこの本の中で大事だと思う点が、色々と違っていて
心の中で「エーーッそれは違う…」と言いながら見ることになった。


おまけに、隣に座っていた男子学生2名のうちの一人の独り言がうるさかった。


全体的に薄っぺらい感じの仕上がりであった。
この映画は本を読んだ方が良いという結論。
(ギターは良かった!)
2019/11/22(金)
『その後の頭痛』
先週、健康診断に行ってきた。


ここ最近、健康診断後に頭痛になることが多かったので憂鬱だった。

原因は、胃の検査。
発泡剤を飲んで、バリウムをコップ一杯以上飲まされて
台の上をグルグル回り
緊張のあまり、
仰向けとうつ伏せが分からなくなり
間違えを指摘されて、
今度は左と右までわからなくなって・・・・

終盤は、硬いボールみたいな物で
お腹のいたるところをパンチをされる。

やっと終わり鏡の前に立つと
口の周りが真っ白で疲労困憊な顔をしている。


そして、頭痛がやってくるのだが
”緊張と緩和”によるものだと思っている。


自分がストレスに弱い事はわかっているが
健康かどうか調べる度に体調が悪くなるのは・・・

胃の検査がもっと楽になると良いのだけど。
2019/11/21(木)
『2代目、電気ひざ掛け』
(嘘でしょう??って話だけど)
相変わらず冷房が効いた職場で、
寒さをしのぐために、電気ひざ掛けを使おうと思ったら
コードが無い。

夏に、エアコンがきつくて
足が痛くなってきたので
その時に電気ひざ掛けを使用したのは覚えている。

一体どこにいってしまったのか?
考えられる場所を全部探して、
それでもなくて・・・

特に足(上半身は着ればカバーできる)
自分の体で寒さをカバーできないので
その日の帰り、無印良品に寄って新品をゲットしてきた。


2代目電気ひざ掛けは、翌日から大活躍!
足がヌクヌクして暖かい。
冷房も怖くないぞ!
2019/11/20(水)
『もう、年末??』
職場で、忘年会の出欠の問合せメールがきた。

12月の最終週なのに
今から聞かれても…というか
”都合が悪いです”とは言えないので
出席としか答えようがないではないか?

まだ、年末の事は考えたくないと思った。
2019/11/19(火)
『初めて知った事』
先々週の土曜日の朝、喉が痛み出してきたので薬を飲んでみたが
午後になって寒気がしてきたので、
土曜日も営業している近所の病院に自転車でいくことにした。

自転車に乗る時はズボンの裾がチェーンに触れないようにベルトをする
その時はダボダボの部屋着で行ってしまったので、また上が下がったままベルトをしたため
自転車から降りる時にサドルに引っかかって転んでしまった。

おまけに目的の病院は、
ホームページにあった時間より診察時間が1時間短くなっていたので
エレベーターのドアが開いたら、真っ暗だった。

自転車で転んで、心身ともに傷ついた上に、
診察終了で、これから他の病院を探す気にもなれず
諦めて帰ることに。



翌朝、喉の痛みが増していた。
これは、やばい??と思って、
日曜日も診察している内科に行ってきた。

整形外科・内科となっている。
患者はリハビリをしているご老人や
運動部の青年が多い。


これは・・・整形外科がメインのお医者さんだな〜と思ったが
内科とも書いてあるので、薬だけでももらわないと帰れない。
名前が呼ばれ、診察室に入り、問診。
喉を見て第一声が・・・
俗に言う”のどちんこ”が他の人より小さいと言って、図解して説明をしてくれた。
ちなみに、小さい事が、喉の痛みに関係があるのか?お尋ねしたら
関係は無いし、小さい人もいるにはいるとの事。

診断結果は、風邪かもしれないが花粉症の可能性もあるとの事。
寒気がしたから風邪ではないでしょうか?と先生が怒らないように気を付けながら言って
風邪薬を出してもらった。


薬が良かったのか??今は、もう治っている。

それにしても、過去に沢山の病院で喉をみていただいたが
”のどちんこ”が小さい情報は初めてだった。
2019/11/18(月)
『平気な顔して・・・』
職場の最寄り駅改札は、
来年まで工事中なので大変混雑している。

通勤で使用する人が多く、AM8:15〜45位の間は
ホームから地上に上がるまでに5分はかかる程・・・


地上に出るために2本ある昇りエスカレータは
左側は歩かない人
右側は歩いて昇る人
が並ぶように暗黙のルールがあり
左は1列、右は3列で行列ができるが
たまに左側が2列の時があり
そんな時、ノンストップで歩いてきていきなりエスカレーターに乗ろうとする輩がいる。

気持ちはわかるが…
こういうことを平気な顔でする人を
サイコパスって呼ぶのかな?なんて思ってみている。


高速道路が渋滞している時に
路肩走行をする人もそれ。

そういう人には、かなわないと思うが
割り込まれて悔しかった。
2019/11/15(金)
『2人の仲』
朝、就業前に職場の敷地内にあるスタバで、コーヒーを飲んでいたら
車いすの男性が来て、私の隣の空いたテーブルの上にスマホを置き
コーヒーを買いにいった。

と思ったら・・・
並ばずにそこら辺でじっとしている。


何だろうか?と思って、目の端で見ていたら
店員さんの方が男性に寄っていき、注文をとっていた。


そこで男性は、「ビッグマック一つ」と言ったので
私は吹き出しそうになってしまったが
見ると2人は旧知の仲らしく、その後もジョークを言いあって笑っていた。



マイボトルを受け取り、店内に戻っていく店員さん
男性は私の隣の席へ

車いすだから、椅子が邪魔だろうと思って、
私が椅子をどかしましょうか?と聞いたら
大丈夫だと言うので、そのままにしておいた。


しばらくして、店員さんがコーヒーを持ってきて
何も聞かずに椅子をどかしてあげていた。
そこに、スーッと車いすで移動する男性

男性は、店員さん椅子をどかしてもらいたかったのだ。
私は野暮な事を聞いたらしい。
2019/11/14(木)
『難しい??映画』
映画”ジョーカー”を観てきた

あらすじ等は、ネットで検索してもらうとして
気になったのは、カップルできていた2人の会話

女 「私には難しすぎて意味が分からなかった」
男 「何が?」
女 「(ストーリー)流れが変じゃない?」
男 「どこら辺が?」
女 「それすらわからない?」
男 「あっそ…」

彼女の言いたい事がわかるような気がする。

ジョーカー(主役)が妄想しているシーンが
あたかも現実のように描かれていたから混乱したのだと思う。
(私も途中まで意味が分からなかったので)

一つ一つのシーンを通して考えないと繋がらないので、
わからなくなってしまう。

カップルの女性の方に
「ホント、難しい映画だったよね!」と言いたい。



ジョーカーは病んでいて(妄想・急に笑い出す)薬を服薬していたが
公の事情により薬が飲めなくなって
病気の悪化に拍車がかかっているのだろう
それが不幸の元凶になる。

切ない映画だったが、主役のホアキン・フェニックスの肌感が良かった。
2019/11/13(水)
『香り』
家に向かって歩いていたら甘い香りがしてきた。

たまに近所から香るにおいと同じ物。
長時間嗅いでいると、気持ちが悪くなってしまうので
その匂いがしてきたらすぐに窓を閉めるようにしている香り。


例の匂いが、
電気が灯っていない空き家っぽいところから強く匂う。
怪しいし、一体何なんだ??と思う。

人の好みにとやかく言うことはできないが・・・
部屋から漏れてくる匂いで気分が悪くなるのだから
部屋の中はどういう状態なのだろうか?と思わずにはいられない。


怪しい家を通り過ぎると
醤油の匂い。
煮物だろう。

急にお腹が減ってきた。
やっぱり、こっちの匂いの方が好き!
2019/11/12(火)
『冷房22度って・・・』
職場で、何か寒いな〜と思っていたら
エアコンが冷房になっていて
温度設定が22度だった。

せめて、送風or暖房に変更できないか?
コントロールネルを見てみたが
種類に関するボタンが無くて
とりあえず、温度を上げる事しかできなかった。

数時間すると、また寒くなってきたので、
温度をみたら下げられていた。


冷房の22度といったら、本気で涼しくするための温度ではないか?

温度設定を上げたり下げたり…

丁度良い時間はあっという間に過ぎる。
2019/11/11(月)
『映画が先? 本が先?』
今、”マチネの終わりに”という本を読んでいる。

映画が上映中なので、
観る前に、読み返そうと思って購入した。

今回2度目だが、記憶力が悪いので
新鮮な気持ちで読むことができている。
(もしかしたら、1度目よりも楽しいかも?)


映画を観てから読むか?
本を読んでから観るか?
と悩む人がいると思うが
私は、本を読んでから観る方が好き。

二度も読んでしまうと
もしも映画がつまらなかったら・・・

ショックだろうな〜と
少し怖い。
2019/11/08(金)
『本屋で、店員さんに感動』
蔦屋で本を購入すべく、
店内にある機械で棚の場所検索して
そこに行くも・・・・ない。

近くの棚も探してみたが・・・ない。

念のため、平積みしているところも探してみた。
やっぱり・・・無い。


なので検索した時に印刷した紙を持ってレジに行き
店員さんに聞いてみた。

店員さんも、私が最初に見た場所を探している。
場所は合っていたのだ・・・


で、探してもらっている間に、レジ横にあった猫のガャチャガチャに
100円を入れて回したら実は、500円だということが分かったのでやめることにして
返却ボタンを押したがお金が戻ってこなかった。


暫くして店員さんが戻ってきた。
話を聞くと、本の位置を変えたときに倉庫に仕舞ってしまったそう。
近くにあるので、取りに行ってくるけれど待てるか?と聞かれた。

待ちますが・・・
その前にガチャガチャに入れた100円を戻してもらわないといけない!
理由を話してお願いすると、
ガチャガチャのカギを持ってきて中を開け、中途半端な場所でコロンコロンしていた100円玉を発見して
お金を戻してくれたのは良いが、ガチャガチャが元にもどらない。

何か手間ばかりかけてしまって・・・すみません!と反省。


店員さんは、他の店員さんにガチャガチャをゆだね
自分は本を取りに倉庫へダッシュしてどこかに消えた。

3、4分後、店員さんは本を手に息を切らして戻ってきた。
私の為に走ってきてくれて・・・
(お客様の為にだけど・・・)

支払いを済ますと、他のお客さんの対応中だったが
あえて私の方を向いてお辞儀していた。

何か・・・感動!
2019/11/07(木)
『あのドラマが・・・』
東京ドラマアウォード2019で、
以前ブログでもネタにした『透明なゆりかご』が受賞した。

『透明なゆりかご』は産婦人科医院でバイトする看護師見習いの少女が
自分の病気や、母とのわだかまりのある関係性とか、
患者としてくる女性の、命をめぐる現実問題を美化せず正面から描ききった作品で
何といっても、主役の清原果耶ちゃんの演技が良かった。


数か月前に、NHKで再放送をやっていて、
録画して見た時も、感動させられ、
『透明なゆりかご』はやっぱり良いドラマだと思って
沖田×華(おきた・ばっか)さんの本まで読んでいたので
受賞のニュースだったから、うれしかった。
(あたりまえだけど、私は関係者ではない)
2019/11/06(水)
『若林本』
オードリーの若林さんの”ナナメの夕暮れ”エッセイを読んだ。

共感できる事があってとても面白かったし
文章がとても読みやすく
余韻を残した終わり方が良かったりする。

お笑いで、ネタを考える方の人は
普段から文章を書きなれているからなのか?
オチを考えているからなのか?
文章にメリハリがあって、あっという間に引き込まれてしまった。


そういえば、キューバに一人旅をした時の本も面白かった。
風景が目に浮かぶというより
人(若林さんの目の前の相手)が目に浮かぶって感じ。
人間を描くのが上手な人だと思う。


ご自分では、人間関係をこじらせている(いた??)みたいな事をかかれていたけれど
とっても嫌なことだけど、相手の良いところを書き出して、
相手を理解しようと努力していた。
そんなこと、中々できないと思う。


彼の本は、気持ちが落ち込んだ時にまた読んでみたいと思った。
2019/11/05(火)
『夜中に目が覚めて・・・』
日中、20度を超えていたから
間違って蚊が生まれてきてしまったのだろうか?
夜中にまさかの”蚊”

耳元でカーーーンという音がする限り寝られない。

一旦起きて、蚊取りスプレーを部屋にまき散らし
目が覚めてしまったので
テレビの通販番組をみていた。

売りにでていたのは、美顔器。
化粧水付きで、約4万円もするものが
1万円切って、さらにそこから1000円引きだった。

こんなにお得な商品だったら…
だまされたとしても買う意味はあるかも??
シミとしわに覆われた顔を思うと…
買った方が良いのではないか?
でも、1万円以内でどうにかなるようなシミとしわではないと思うし…


ヤバイヤバイ…
蚊に起こされて、美顔器まで買ってしまったら
目も当てられない。

起きていてもろくなことをしない。
2019/11/01(金)
『親子』
向かい側に家族が座っていた。
夫婦と3歳くらいの女の子と赤ちゃん

赤ちゃんは機嫌が悪いらしくグズっていて
声だけ泣いている(涙は出ていない)感じ。

大人たちは気にせずスマホを見ている。
お姉ちゃんはおにぎりを食べていて
赤ちゃんはそれに向かって手を伸ばしていた。

でも、お姉ちゃんはおにぎりをあげたくないらしく
あえて背中を向けた。

お姉ちゃんはおにぎりを食べ終えると
包みのフィルムを赤ちゃんに与えて知らんぷり。
それは、ゴミだろうが…

赤ちゃんが口に入れてうのではないか??見ていたが
お母さんが気が付いて、何も言わずお父さんに渡していた。

ゴミの収集はお父さんの役目らしい。


お姉ちゃんはお母さん似かもしれない?