fc2ブログ
2010/07/06(火)
『雨に流されたもの』
昨晩、帰宅する前にとりあえず天気予報を見て、置き傘を持って帰るか否か?決めようと思った。
(東京は雨があがったで・・・)

天気図を見ると、私の住んでいる地域は雨雲はかかってはいるが、1時間後には雲が抜けそうな気配。
傘は持たなくで大丈夫だろうと予測して外に出た。


電車に乗って県境に差し掛かり外を見てみたら・・・・凄い雨が降っていた。
本を読んでいたので気がつかなかったけど、大粒の雨が窓にたたきつけられている。
ここで雨が降っているということは、地元も雨だろう。


地元の駅は、当初の予想に反して大雨。
しかし私には傘がない。

仕方がないので改札からバス停にまで30m位走ってみた。
髪の毛は、ワカメみたくなってしまったが、家に戻るだけなので”まっいいか!。


バスを降りて家の門まで、ただただ雨に打たれていたら、今日一日の疲れと汗が流された感じがした。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: