fc2ブログ
2012/06/05(火)
『靴下の危機』
職場でのこと。

向こうからくる男性の視線が私のつま先に注がれていた。

あーバレたか・・・

その日の靴下は、親指のところが極端に薄くなっていた。
破れてはいないが、糸1本でつながっている感じ。

黒い靴下なので、肌色とのコントラストが強く目立っていたのだ。


朝、その靴下を履いた時に”やばい”かな?と思ったが、”今日は大丈夫”と自分に言い聞かせてきた。

が、他人の目はそれを許してくれなかった。

今日1日は知らん振りしてしまおう。
靴下のつま先をちょっと引っ張り足の裏で踏むようにして薄くなった部分を隠しておいた。

1日、踏みしめる足に力が入った。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: