fc2ブログ
2007/01/11(木)
『ご苦労さん』
また、しちメンドクサイことを少し。
「客観的真実」この話になりました。
私の師が、それは、サイエンスの世界にしかない。と言われました。
えー!! そうかなー??
私はずーっと、それを探しながら生きてきたような気がするのだけれど、先生から 「ご苦労さんなこった」  と言われてしまった。
客観的真実は、それを認識できようが出来まいが常にあるはずだ・・と私は思うのだけれど、どうもこの感覚は他の人には奇異に聞こえるみたい。
その場その場の有るべき姿を求めることは変なのかしら。
私はいつも求めていると言うと、自信がないの?
と、思ってもいない返しが来る。自信があるとか無いとかそういうことじゃないのに。
うまく自分の思いが伝えられてないのかと思っても見たが、どうもそうでもないみたい。
私のこの感覚は皆が持っているものと思っていたが、違うようだ。

「ご苦労さんなこった」 言われれば確かにそうかも。
ご苦労してるんだ  わたし。 今年もご苦労しよう!
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: