fc2ブログ
2007/03/09(金)
『K氏とマジック』
職場のK氏が新調したスーツを着て来た日のこと。
K氏が女子事務員に油性のマジック(1本で太と細がついている物)を借りた時、手からすべり落ちてしまった。
「アララララ・・」と言っている間に、微妙なカーブを描きながら机の下に転がっていってしまった。
私の席の後ろで起きていた出来事なので、振り返ってみていたら、何を思ったかK氏はいきなり前のめりになって倒れ、腕立て伏せの姿勢でマジックを探しはじめた。

以前から、K氏は何を考えているのかわからないところはあったが・・・どうしてそんな格好で探すのか?が気になったので聞いてみたところ、おろしたてのスーツなので膝をついて探すのが嫌だったとの事。

そういえば、K氏が会社にきた時の第一声は「今日、スーツおろしたてなんです。シワひとつないでしょ!」と言って自慢していたっけ!
その時は新品なのかどうなのかよくわからなかったが、「そうですね」と言っておいた。
本人の言うとおり、朝は確かに皺一つ無い状態だったのだろう。
しかし、車を運転してきたため、足の付け根のあたりに横シワができていた。

おろしたてのスーツだから・・・気持ちは十分わかるが、腕をブルブル震わせながら腕立てをしてマジックを探していたのに、もう既にシワができていて、(静電気によると思われる)埃までついていたズボン。

結局マジックは、ぐるっと回って女子事務員の足元にあったので、私が代わりに拾ってあげた。
K氏は新しいスーツを大事にしたかったのだろうが、そのスーツのせいで腕立てをする羽目になるとは思ってもみなかっただろう。
下ろしたてのスーツの日なのに・・・ちょっと気の毒なK氏でした。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: