fc2ブログ
2019/11/25(月)
『映画の感想』
”マチネの終わりに”という映画を観てきた。

本を2度読んだので、あらすじは大体わかっているが
映像化されるとどんな感じになるのか?
楽しみにしていた。

が…期待し過ぎて撃沈されてしまった感じ。

その理由は
本と大分内容が異なる事
約2時間で表現するのは難しい事はわかるが
誰が何を語るか?の”誰が”違うし
場所も違う

主人公の2人がすれ違ってしまった原因が判明するきっかけが違う。
知人の死に接する事になるが、死ぬ人が違う。

わたしがこの本の中で大事だと思う点が、色々と違っていて
心の中で「エーーッそれは違う…」と言いながら見ることになった。


おまけに、隣に座っていた男子学生2名のうちの一人の独り言がうるさかった。


全体的に薄っぺらい感じの仕上がりであった。
この映画は本を読んだ方が良いという結論。
(ギターは良かった!)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: