fc2ブログ
2020/05/11(月)
『無言』
病院の待合室で
車いすに乗ったおばあさんが娘さんが来るのを待っていた。

その間、トイレに2回
中々こない娘に電話をしたいと言って看護婦さんにお願いしたりしていた。

顔を見ると無表情。
多分、認知症になり始めの時期だろう。


そして、遅れて来たが娘夫婦と診察室に入って行った。
コロナウィルスの関係で診察室のドアは開いているため
話が全部聞こえてきてしまうのだが
どうやらおばあさんは足が痛くて動けないらしい

先生の話だと、手術が必要だから総合病院宛の紹介状を書きますと言っていたが
おばあさんは手術をしたくないと言っているらしく(声は聞こえない)
先生が、手術をしないとどうなるか?丁寧に説明をしていた。

このまま動けなくなるとこまる娘が、緑内障の手術もしないといけないので、
眼科があるところが良いと、
もう、この時の娘さんの声はヒステリックになっていて、嫌な空気。

長めの診察が終わって、待合室で待っていた時
今後の自分の事を思った娘が、夫に言って泣いていた。
旦那さんはかける言葉がないらしく無言。

待合室で待っている人皆も無言
他人事ではないと思った。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: