fc2ブログ
2007/10/22(月)
『フェラーリそしてマム』
昨日で今年のF1の全日程が終了した。
気がついて起きたときには、既にF1が終了しているという失態をやらかしてしまったのだが、どうも最近ドライアイなので、夜中にテレビなんぞ見ないことは目に良かったかもしれない。

それにしても、常識の範囲内ではおき得ないことが起きたため、トップ3のドライバー、ハミルトン、アロンソ、ライコネンのなかで、最も優勝する可能性がないライコネンのワールドチャンピオン決定となった。

レース後にシャンパンファイトがあるのだが、F1の場合は、マムのシャンパンのようだ。赤いたすき(リボン)デザインのラベルが、まるでチャンピオンになったライコネンの駆るフェラーリを祝福しているかのようだ。

ちなみに、競馬の場合、凱旋門賞などでは、シャンパンはモエテシャンドンである。

モエとマムの飲み比べしかしたことないが、個人的感想として、モエはコク、マムはキレといった印象である。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: