fc2ブログ
2008/01/08(火)
『転ぶ年明け・2』
さて、その5回目。

私にとっては結構急坂な難所。
雪が豊富でもその場所はわりといつもアイスバーンになっているところでそこを滑りきると、ヘアピンカーブになっていて、その先に橋が架かっているので橋の真ん中までは登りとなる。
アイスバーンを上手くこなせたら、次のカーブはスピードつけて一気に橋の真ん中まで行きたい。
私の前を女の子がハノ字で山側を行きそろそろ、橋の下に・・・・
私は、カーブもいい感じでやり過ごしこのままスピード緩めず女の子の左側からやりすごそう。

!!エッ・エッ! ウソ!!

女の子が180度くるって回って私のほうに向いた・・・・
当然山側に回る分けなく私が通り過ぎようとした左側に両足大きく広げ私の目の前に・・・
そんな無理。
どんなかっこしてもぶつかる。
下手にブレーキかけたらいけないと思い、女の子の両足の間に板を入れ、女の子と激突。

小学校1・2年生くらいのピンク女の子。
やっとそばに来たお母さんが 「大丈夫?大丈夫?」って
わたしも「お譲ちゃん、大丈夫? 立てる?」
立てた。
手を付いて立てたし、泣いてないしとりあえずは大丈夫だったんだろう。

泣きたいのは私だ。あの状況ではどんな名人だって避けられない、と、思う。
でも大の大の大人があんな小さな子にぶっつかって行ったことが結構ショック。
女の子が骨を折ったり、激突で意識不明になったりしたら私はどうなったんだろう。

過去、シーズンで転ぶのは 0 か、1回か、多くて2回。
なのに今回はたった1日で5回。

これが、老化ということなんだろうか。

なんかなぁー・・・・・クサル。

スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: