FC2ブログ
2008/03/17(月)
『先生』
私たち仲間の師と仰ぐ方は、1ヶ月に1回、癌の進行の検査のため、週1回の集まりを欠席される。
月、3回先生とお話できるペースは今のところ保たれているが、仲間たちは、この大事な時間がずーっと続くことを願っている。

最近の先生の話。

「人は、みな、楽なほうへ、エゴイスティックなほうへどうしても流れてしまうね。」

改めて、こう言われると、(私の、エゴで無い時間なんてあるんだろうか・・・・・)

少し落ち込む。

「先生、そう言われると私にはエゴで無い時間は無いんですけど・・・・
エゴが出ないこととはたとえばどういう時間ですか???」

「そうですねぇー  これからの季節は桜ですねぇー・・・・
桜を見て、きれいだなぁっと思うところにはエゴは無いですよ。
でも、花屋さんで桜を買ってしまったら、そこにはエゴが入っているんですねぇ・・・・・」

そういうことか。

私がエゴ塊人間かと思ったが、その観点から言ったらわたしなんてかわいいものだ。
なんて、さっそくエゴ人間。

この社会渦巻くエゴの中で、不感症人間で生きることはひとつの術だろうが、術のつもりが、不感症人間そのものになっている大人がたくさんいるよなぁ。

先生との2時間。 私が人間らしくなれる時間だ。



スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: