fc2ブログ
2008/09/02(火)
『首相交代について』
突然だなぁというのが、多くの人の感覚だろう。

インタビューの最後で、他人事に聞こえるという質問があったが、どうだろう?私には、今までの福田さんとは違って、感情が高ぶっているように見えたが。

さして、政治に関心のない人でも、簡単に批判できる。
そういうことを折込ずみで総理になるしかないのだから、批判されて何ぼの職業なのだろうし、頭脳やカリスマの集まる中央のトップだから、そういう政治家、官僚の上となると想像を絶するプレッシャーがあるのだろう。
が、だから、大変だねぇといえるほど、近しい存在ではない。

投げ出したといわている今回の退任劇の功罪は、未来の評価である。
福田さんというのは大勝負に出たものだ。プライドを捨てた勝負だ。
福田さんの言うとおり、この勝負に勝てば、福田さんのプライドは傷つく結果となる。
やはり私が総理でなくて正解でしたとなってしまうからだ。

いつ、誰が、何が、混沌に終止符を打つのか?
終止符が打たれても、その瞬間を生きている人には、それが終止符だとは気が付かないのだろう。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: