fc2ブログ
2006/01/17(火)
『湯たんぽ』
我が家の猫が、夜中になると人間を起こすために、各人の部屋の前でミャーミャー鳴くようになった。
いつもなら、コタツの中に敷いてある毛布の上で、大の字になって寝ている(夜中にこたつをのぞいた家族の話)のだが、ここ最近の寒さのせいで目が覚めて寝られないらしい。
かわいそうだけど、夜は安全のためこたつのは消して寝ることにしているので、別の方法を母が考えた。
それは・・・湯たんぽ。それも昔からある金属でできたやつ。母は、わざわざ自転車に乗り金物屋に買いに行った。
さっそく、こたつの中に入れてあげると、猫の夜回りはピタリとおさまり、猫も人間も安眠できるようになった。
偶然にも、今日のニュースで言っていたのだが、今年は湯たんぽの売上がのびているらしい。安全だし、乾燥しないし・・・体には良いけれど、電気アンカーより手間が掛かるのが難点。
しかし、我が家のアイドル猫のために、人間達はせっせとお湯を沸かし、湯たんぽをコタツの中にいれ、猫様の安眠を願うのであった。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: