fc2ブログ
2009/07/15(水)
『電車に触れて止まる』
少々前のことだったが、あちこちで列車のダイヤが乱れていたときのことである。

ダイヤが乱れていても、基本、来た電車に乗って、途中の時間がかからないのなら、ダイヤそのものはあまり関係ない。

が、その何分発の列車か知らないが、自分の目の前50メートルほどで停車してしまった。
アナウンスによると、誰かが接触したらしい。

どの程度の接触かわからないが、特に何かあったようではないので、そんなにたいした接触ではないのだろう。どういう仕組みになっているのかわからないが、人が触れると列車は止まってしまうのだということをはじめて知った。

そして、その放送の雰囲気からすると、誰かが触れただけの列車が残り数十メートル動いて扉が開き乗車発車するまで、10分弱の時間を過ごすこととなった。

安全第一であるが、触れただけで10分止まってしまうとなると、ダイヤが乱れた上のことであるから、急いでいた人には永遠に感じられたであろう。
もちろん、JRの問題ではない。
触れた人の問題である。いたずらでも触らぬように、親は子へ、素面は酔っ払いへ指導せねばなるまい。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: