fc2ブログ
2009/07/16(木)
『暖かくなると気にならなくなる24節季』
人によって、暑い時期が嫌いな人と、寒い時期が嫌いな人とがいるだろう。
私の場合は、寒い方が嫌いである。
だから、早く暖かくならぬかな?と24節季なるものをそのときだけ気にする。
2月近辺は特にだ。

知り合いのうち、女性の多くは、夏が嫌いという人が多いが、そんな人でも、冬になると、寒いから出かけたくない!というものだ。
暑いも寒いも極端はやはりつらい。


ほか、面倒くさい時期といえば、梅雨。
この時期の24節季を確認してみた。
すると、以外にも雨とは縁遠い名前が並ぶ。

夏至6月21日頃(夏至)
小暑7月7日頃(七夕)
大暑7月23日頃(梅雨明け)
立秋8月7日頃

である。
暑い暑いのオンパレードだが、実際は、大暑以降なのだろう。
8月頭にはもう秋。夏でないのだから、暑中見舞いでなく、残暑見舞いになることで、案外有名である24節季だ。


寒いのが嫌いな人間にとって、立秋とは、なんと悲しい響きであるか・・・という気にもなるが、実際は、相当先まで暑い日が続く。
まずは、雨音がセミの泣き声シャワーに変わる。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: